組み込みLinuxのトレーニングコース

組み込みLinuxのトレーニングコース

オンラインまたはオンサイトのインストラクター主導のライブ組み込みLinuxトレーニングコースでは、インタラクティブなディスカッションと実践的な演習を通じて、組み込みLinuxの基礎を実演します。

組み込みLinuxトレーニングは、「オンラインライブトレーニング」または「オンサイトライブトレーニング」として利用できます。オンラインライブトレーニング(別名「リモートライブトレーニング」)は、インタラクティブなリモートデスクトップを使用して実行されます。現地でのライブトレーニングは、日本のお客様のオフィスまたは日本のNobleProg提携の企業トレーニングセンターでにて現地での実施が可能です。

NobleProg - 現地のトレーニングプロバイダー

お客様の声

★★★★★
★★★★★

組み込みLinuxサブカテゴリ

組み込みLinuxコース概要

コース名
期間
概要
コース名
期間
概要
14 時間
概要
This is a two day course covering all basic principles of building Embedded linux Systems, around 60% of the entire course time is practical hands-on implementation for real world application using the same standards and tools used in industry
14 時間
概要
Embedded Linuxカーネルの内部構造、アーキテクチャ、開発、およびいくつかのタイプのデバイスドライバの作成方法と統合方法を中心とした約60%の実習で構成される2日間のコース。

誰が出席すべきか?

エンジニアはEmbeddedシステムとplateforms上のLinuxカーネル開発に興味があります。
14 時間
概要
このトレーニングでは、参加者はRaspberry Pi用に独自の組み込みLinuxを構築する方法を学びます。
140 時間
概要
組込みシステムは、大規模な機械または電気システム内の専用機能を備えたコンピュータシステムであり、多くの場合、リアルタイムコンピューティングの制約があります。
14 時間
概要
組み込み Linux、その低コスト、カスタマイズの容易さ、および多くの種類のマイクロプロセッサとの互換性は、スマートフォン、タブレット、セットトップボックス、MP3 プレーヤーなどのデバイスの広い範囲に電力を供給するための自然な選択となっています。

このインストラクター主導の

では、ライブトレーニングの参加者は、組み込みの Linux システムを構築する方法を段階的に学習します。最小限のカーネルの構築からブートアップと初期化プロセスの設定まで、参加者は、完全に機能する組み込み Linux システムを展開するために必要なツール、テクニック、考え方を学びます。

リモートトレーニングの

、QEMU はハードウェアのエミュレートに使用されます。実際のハードウェアデバイスを含むその他のプラットフォームは、場合によっては考慮することができます。

コースの形式

- パートレクチャー、パートディスカッション、ハンズオン実装
に重点を置く
35 時間
概要
NetAppデータストレージシステムは、ディスクアレイへの書き込みと読み取りのためのハードウェアおよびソフトウェアベースのシステムです。 Data ONTAPは、NetAppストレージシステムで使用されるオペレーティングシステムです。

このインストラクター主導のライブトレーニング(オンサイトまたはリモート)は、クラスター環境でNetApp ONTAPを実装したいエンジニアを対象としています。

このトレーニングの終わりまでに、参加者は次のことができるようになります。

- ONTAP 9.3クラスタをセットアップして管理します。
- Data ProtectionテクノロジーによりData Protectionます。

コースの形式

- インタラクティブな講義とディスカッション。
- たくさんの練習と練習。
- ライブラボ環境での実践的な実装。

コースのカスタマイズオプション

- このコースはONTAP 9.3に基づいています。
- このコースのカスタマイズされたトレーニングをリクエストするには、お問い合わせください。
21 時間
概要
This instructor-led, live training in 日本 (online or onsite) is aimed at developers who wish to use TensorFlow Lite to deploy deep learning models on embedded devices.

By the end of this training, participants will be able to:

- Install and configure Tensorflow Lite on an embedded device.
- Understand the concepts and components underlying TensorFlow Lite.
- Convert existing models to TensorFlow Lite format for execution on embedded devices.
- Work within the limitations of small devices and TensorFlow Lite, while learning how to expand the scope of operations that can be run.
- Deploy a deep learning model on an embedded device running Linux.
28 時間
概要
説明

この4日間のトレーニングでは、理論と実践的な演習を組み合わせて、 Yocto Projectを紹介します。
次のようなよくある質問に回答します。

- GNU / Linuxプロジェクトごとに別のバージョンのtoolchain / libraries / packagesを使用する必要が本当にありますか?その上部は異なるワークフローに従う必要がありますか?
- 開発環境がすべての開発者/サプライヤーに対して同一であること、そして今から10年以上経った今でも同一のビルドを作成できることを確認できますか?
- YPは、使用しているパッケージがどのソフトウェアライセンスの下でライセンスされているかを調べるのに役立ちますか?

ハンズオンセッションは、ターゲットハードウェア(例:Beagle Bone Black Rev. C-http://beagleboard.org/BLACK)で実行されます。トレーニングの後、 Ubuntu 14.xおよびすべての依存関係が事前にインストールされたドッカーイメージと、サンプルをダウンロードして、独自のラボでコース教材を使用できるようになります。これはEmbedded GNU / Linux入門コースではないことに注意してください。 Embedded GNU / Linuxどのように機能するか、GNU / Linuxカーネルとカーネルドライバーを構成/構築する方法を既に知っている必要があります。

誰が出席すべきか?

あなたはすでにあなたのプロジェクトにGNU / Linuxを使用しており、おそらくYocto Projectについて聞いたことがあるでしょうが、それを詳しく見ることを敢えてしないか、使用するのに苦労しました。毎日のワークフローをYPに対応できるかどうか、またどのように対応できるかはわかりませんが、一般的にYPはかなり複雑です。すべてを(おそらく)はるかに簡単に知ることができたのに、なぜこのすべてが必要なのでしょうか?トレーニングの後、YPが必要かどうかを判断できるはずです。このワークショップは、ソフトウェア、開発、システムエンジニア、テスター、管理者、エンジニア、およびYPに関心のある他の関係者を対象としており、Embedded GNU / Linuxに関する十分な知識があります。
28 時間
概要
In this instructor-led, live training in 日本, participants will learn how to create a build system for embedded Linux based on Yocto Project.

By the end of this training, participants will be able to:

- Understand the fundamental concepts behind a Yocto Project build system, including recipes, metadata, and layers.
- Build a Linux image and run it under emulation.
- Save time and energy building embedded Linux systems.
7 時間
概要
Shadowsocks は、オープンソースのセキュアな socks5 プロキシです。

このインストラクター主導のライブトレーニングでは、参加者は Shadowsocks プロキシを介してインターネット接続をセキュリティで保護する方法を学習します。

このトレーニングの終わりまでに、参加者は次のことができるようになります:

- Windows、Linux、Mac、Android、iOS、OpenWrt など、サポートされている多数のプラットフォームに Shadowsocks をインストールして構成します。
- は、pip、aur、freshports などのパッケージマネージャシステムを使用して Shadosocks を展開します。
- は、モバイルデバイスとワイヤレスネットワークで Shadowsocks を実行します。
- は、Shadowsocks がメッセージを暗号化し、完全性と完全性を保証する方法を理解します。
- Shadowsocks サーバーを最適化する

観客

- ネットワークエンジニア
- システム管理者
- コンピュータ技術者
コース の

形式

- 部講義、パート討論、演習と重い実地練習
7 時間
概要
LEDEプロジェクト( Linux Embedded Development Environment)は、 OpenWrtをベースにしたLinuxオペレーティングシステムです。これは、さまざまなワイヤレスルーターや非ネットワークデバイスのベンダ提供ファームウェアの完全な代替品です。

この講師主導のライブトレーニングでは、参加者はLEDEベースのワイヤレスルーターの設定方法を学びます。

観客

- ネットワーク管理者と技術者

コースの形式

- パートレクチャー、パートディスカッション、エクササイズ、そして激しい実習
7 時間
概要
Buildrootは、クロスコンパイルツールチェーン、カスタマイズ可能なルートファイルシステムイメージ、および組み込みデバイス用のLinuxカーネルを生成するスクリプトを含むオープンソースプロジェクトです。この実践的なコースの間に、参加者はそれを使う方法を学びます:

- ルートファイルシステムに入るソフトウェアを選択する方法。
- 新しいパッケージを追加して既存のものを変更する方法。
- 新しい組み込みボードのサポートを追加する方法

コース中に、起動可能なファイルシステムイメージが作成されます。リモートコースは[QEMU](/cc/qemukvm)エミュレータを使用して行われますが、教室ではQEMUまたはトレーナーが選択した実際の組み込みボードを使用することができます。

同様の目標を持つ他のプロジェクトには、 [Yoctoプロジェクト](/cc/yoctoproject)とOpenWRTがあります。 [これらの](https://bootlin.com/pub/conferences/2016/elc/belloni-petazzoni-buildroot-oe/belloni-petazzoni-buildroot-oe.pdf) [プレゼンテーション](https://elinux.org/images/0/0a/Embedded_ Linux _Build_Systems.pdf)を使用して[、](https://bootlin.com/pub/conferences/2016/elc/belloni-petazzoni-buildroot-oe/belloni-petazzoni-buildroot-oe.pdf)どちらが[プレゼンテーション](https://elinux.org/images/0/0a/Embedded_ Linux _Build_Systems.pdf)に適しているかを判断してください。
週末組み込みLinuxコース, 夜の組み込みLinuxトレーニング, 組み込みLinuxブートキャンプ, 組み込みLinux インストラクターよる, 週末組み込みLinuxトレーニング, 夜の組み込みLinuxコース, 組み込みLinux指導, 組み込みLinuxインストラクター, 組み込みLinuxレーナー, 組み込みLinuxレーナーコース, 組み込みLinuxクラス, 組み込みLinuxオンサイト, 組み込みLinuxプライベートコース, 組み込みLinux1対1のトレーニング

コースプロモーション

コースディスカウントニュースレター

We respect the privacy of your email address. We will not pass on or sell your address to others.
You can always change your preferences or unsubscribe completely.

一部のお客様

is growing fast!

We are looking to expand our presence in Japan!

As a Country Manager you will:

  • manage business operations in Japan
  • develop a business development strategy
  • expand the team, promote the brand and widen our market share
  • take charge of Japan operations as country manager within the first year

Benefits:

  • work in an international team environment
  • exposure to modern and leading-edge technology
  • potential to develop the role as the business grows
  • chance to work in a flat, bureaucracy-free organizational hierarchy

If you are interested in running a high-tech, high-quality training and consulting business.

Apply now!

This site in other countries/regions