ソフトウェア工学のトレーニングコース

ソフトウェア工学のトレーニングコース

オンラインまたはオンサイトのインストラクター主導のライブソフトウェア工学トレーニングコースでは、インタラクティブなディスカッションを通じて、ソフトウェア工学の基礎を実地演習で実演します。

ソフトウェア工学のトレーニングは、「オンラインライブトレーニング」または「オンサイトライブトレーニング」として利用できます。オンラインライブトレーニング(別名「リモートライブトレーニング」)は、インタラクティブなリモートデスクトップを使用して実行されます。現地でのライブトレーニングは、日本のお客様のオフィスまたは日本のNobleProg提携の企業トレーニングセンターでにて現地での実施が可能です。

NobleProg - 現地のトレーニングプロバイダー

お客様の声

★★★★★
★★★★★

ソフトウェア工学コース概要

コース名
期間
概要
コース名
期間
概要
14 時間
概要
In this instructor-led, live training, participants will learn how to write and maintain tests for Angular applications.

By the end of this training, participants will be able to

- Decide the most appropriate strategy for testing an Angular application
- Carry out unit testing, component testing, A/B testing and end-to-end on an Angular application
- Choose the right tools for the job: Jasmine, Karma, Protractor, Mocha, etc.
- Write tests in Protractor and Jasmine
- Run and debug tests with Karma and Protractor
- Create a maintainable test suite
- Employ best practices for unit testing in Angular

Format of the course

- Part lecture, part discussion, exercises and heavy hands-on practice

Note

- Angular goes by different names and versions, namely: Angular.js, AngularJS, AngularJS 1, Angular 1, Angular 2, etc. To customize the version used in this training, please contact us to arrange.
14 時間
概要
In this instructor-led, live training in 日本, participants learn first-hand how to write Protractor tests against a sample Angular web application in a live lab environment.

By the end of this course, participants will have gained proficiency in Protractor and be comfortable

- creating their own automation tests for Angular applications.
- integrating Protractor into their existing development workflow.
- ensuring that their tests are clean and maintainable.
- running Protractor with or without Selenium to drive browser behavior.
35 時間
概要
プログラミングが止まるところからSoftware Engineeringが始まる。このコースでは、 Software Engineering強固な基盤を学びます。それはプログラミングから堅実なエンジニアリングプラクティスへの橋渡しをします。このコースでは、この分野で一般的に使用されている基本概念と語彙の概要を説明します。このコースでは、ソフトウェアプロジェクトの計画、実装、検証、および開発プロセスの評価と改善のために、さまざまなテクニックを使用することを学びます。

観客:

このコースは、少なくとも1つのプログラミング言語を知っているさまざまなバックグラウンドを持つソフトウェア開発者を対象としています。
14 時間
概要
最近の産業技術と結びついたコード例ですべての設計原理をカバーする2日間のコース。自動車用ソフトウェア開発者にとって非常に有用
21 時間
概要
は非常に複雑な分散システムの出現により、1つのシステムの複雑さは、システムのグループのアーキテクチャの複雑さに移動しました。このコースでは、ソフトウェアアーキテクチャと技術的なエンタープライズアーキテクチャとの関係について説明します。これらの2つの領域 は現在よく記述されていない方法で相互に関係している。たとえば、複雑なモノリシックシステムを web サービス経由で通信する2つのシステムに分割すると、新しいシステムの とその間のアーキテクチャの両方が大幅に変更されます。

このコースでは、トレードオフ、現在一般的なパターンと複雑なシステムとの間で、それらの間の通信を管理するためのソリューションをカバーします。
14 時間
概要
このインストラクター主導のライブトレーニング(オンサイトまたはリモート)は、組み込みC設計の原則を学びたいC開発者を対象としています。

このトレーニングの終わりまでに、参加者は次のことができるようになります。

- 組み込みCプログラムを信頼できるものにする設計上の考慮事項を理解する
- 組み込みシステムの機能を定義する
- 目的の結果を得るためにプログラムロジックと構造を定義する
- 信頼性が高く、エラーのない組み込みアプリケーションを設計する
- ターゲットハードウェアから最適なパフォーマンスを引き出す

コースの形式:

- インタラクティブな講演と討論
- 練習と練習
- 実習ラボ環境での実践的な実装

コースのカスタマイズオプション:

- このコースのためのカスタマイズされたトレーニングを要求するには、手配するために私達に連絡してください。
21 時間
概要
モデルベースの開発 (MBD) は、制御システム、信号処理、通信システムなどの動的システムのより高速でコスト効率の高い開発を可能にするソフトウェア開発手法です。これは、グラフィックモデリングではなく、従来のテキストベースのプログラミングに依存しています。

このインストラクター主導のライブトレーニング参加者は、MBD の方法論を適用して開発コストを削減し、組込みソフトウェア製品の市場投入までの時間を短縮する方法を学びます。

このトレーニングの終わりまでに

、参加者は

することができます

- は、MBD を実装するための適切なツールを選択して利用します。
- は、組込みソフトウェアプロジェクトの初期段階で迅速な開発を行うために MBD を使用しています。
- は、組込みソフトウェアのリリースを市場に短縮することができます。

観客

- 組込システムエンジニア
- 開発者とプログラマ
コース の

形式

- 部講義、パート討論、演習と重い実地練習
14 時間
概要
Adobe XDは、Webアプリケーションおよびモバイルアプリケーション用の設計ツールです。 Adobe XDを使用すると、ユーザーは独自のUI / UXデザインとプロトタイプを作成できます。

このインストラクター主導のライブトレーニング(オンサイトまたはリモート)は、 Adobe XDを使用してアプリケーションを設計したいWebデザイナーを対象としています。

このトレーニングの終わりまでに、参加者は次のことができるようになります。

- Adobe XDをセットアップして、アプリケーションの設計を開始します。
- クイックワイヤフレームを開発します。
- マイクロインタラクションを含むプロトタイプを作成します。
- UXデザインをCVに追加します。

コースの形式

- インタラクティブな講義とディスカッション。
- たくさんの練習と練習。
- ライブラボ環境での実践的な実装。

コースのカスタマイズオプション

- このコースのカスタマイズされたトレーニングをリクエストするには、お問い合わせください。
14 時間
概要
みんなに広く利用可能な多くの実証済みのパターンがあります。時にはそれは名前を変更し、特定のテクノロジでパターンを実装することの問題です。それは何百時間も節約することができ、そうでなければ設計とテストに費やされるでしょう。トレーニングはGo最初、それは第二、それはあなたの組織に特有のパターンを作成し、再利用することができます、広く知られているパターンを再利用することができます:このコースは、2つの目標があり、ALSを。パターンによってコストがどのように削減されるか、設計プロセスを体系化し、パターンに基づいてコードフレームワークを生成する方法を推定するのに役立ちます。対象読者ソフトウェア設計者、ビジネスアナリスト、プロジェクトマネージャ、プログラマおよび開発者、ならびに運用マネージャおよびソフトウェア部門マネージャ。コーススタイルコースはユースケースと特定のパターンとの関係に焦点を当てています。ほとんどの例は、 UMLと単純なJava例で説明されていJava (コースがクローズドコースとして予約されている場合は、言語が変わる可能性があります)。パターンの出所を案内したり、組織全体で再利用できるパターンをカタログ化して説明する方法を説明します。
14 時間
概要
ターゲットグループ:

技術チームリーダー、ソフトウェア開発者

学習目標:

トレーニングの目的は、C#で高度な開発/プロジェクト構造を設計する能力を習得することです。

コース中、学生は、Microsoft Visual Studio 、ReSharperなどの開発プロセスをサポートするMSDNリソースとツールに精通します。
14 時間
概要
このコースでは、 PHP使用されるパターンに特に重点を置いてデザインパターンについて説明しPHP 。
21 時間
概要
このコースは、パターンの使用とリファクタリングに関連した問題を探究したい経験豊富なプログラマーのために設計されています。各参加者はこれらのパターンの使用法の特性と実際的な例を知っているので、アプリケーションコードを効率的に構築することができます。
14 時間
概要
このトレーニングは、高度なインターネットアプリケーションを設計および実装する、 Java Script開発者を対象としています。トレーニング中に説明したトピックでは、 Javaスクリプトプログラミングのベストプラクティスを紹介し、最も一般的な間違いを強調しています。トレーニングの重要なポイントは、利用可能なオブジェクト指向プログラミングについてJavaスクリプトの構文で説明することです。
14 時間
概要
目的:

テクニカルアナリストや設計者が要件をソフトウェアで実装する方法を理解し、ビジネス仕様とソフトウェアコードの間のトレーサビリティを確保するのに役立ちます。

この2日間のトレーニングコースは、テクニカルアナリストやデザイナーがビジネスアナリストによって記述された仕様を設計するのを支援することを目的としています。ソフトウェアコンポーネント表現への変換後、結果として得られるシステムコンポーネントはソフトウェアコンポーネント構造に向けてシステム要件を追跡します。

最後に、これらの技術仕様はソフトウェアコードで実装され、コンポーネントベースでテストされています。結果として得られるソフトウェアコンポーネントは、アクターの使用法の選択肢が格納されているアプリケーションコンポーネントを通じて、ユーザインタフェースからビジネスオブジェクトレイヤに向かってレイヤごとに別々に実装レベルに向かってシステムビヘイビアを追跡できるので、変更に対する良好な反応性を提供します。
14 時間
概要
Microservice architecture is an approach to developing a software application as a suite of small, independent services, each running in its own process and communicating with lightweight mechanisms such as an HTTP resource API. These services can be efficiently deployed using continuous automation systems and bypass the need for centralized management. Microservices can be written in different programming languages and integrate with different data storage systems.

This instructor-led, live training is aimed at enterprise developers and architects. It introduces microservice architecture from a .Net perspective, presents migration strategies from a monolithic system, and walks participants through the creation and deployment of a sample microservice-based application.

By the end of this training, participants will be able to:

- Understand when to use and when not to use microservice architecture
- Create and implement a testing strategy for microservices
- Deploy a sample microservice-based application into a production environment
- Refactor a monolithic application into services

Audience

- Developers
- Architects

Format of the course

- Part lecture, part discussion, exercises and heavy hands-on practice
21 時間
概要
近年のマイクロサービスとコンテナの進化により、ソフトウェアの設計、開発、展開、実行の方法が大きく変わりました。最新のアプリケーションは、スケーラビリティ、弾力性、障害、および変化に対して最適化する必要があります。これらの新しい要求に駆動される現代のアーキテクチャには、異なるパターンとプラクティスのセットが必要です。このトレーニングでは、これらの新しい要件を特定、理解、調整する方法を検討します。

観客
このトレーニングは、コンテナテクノロジーおよびKubernetes概念にある程度精通しているが、実際の経験が不足している可能性がある人を対象としています。ユースケースと、より優れたクラウドネイティブアプリケーションの作成と管理にインスピレーションを与えることを目的とした、実際のプロジェクトから学んだ教訓に基づいています。

- 開発者
- オペレーション
- DevOps
- QAエンジニア
- ITプロジェクトマネージャー

コースの形式

- インタラクティブな講演と討論
- たくさんの練習と練習
- ライブラボ環境でのHandsonの実装

コースのカスタマイズオプション

- このコースのためのカスタマイズされたトレーニングを要求するには、手配するために私達に連絡してください。
14 時間
概要
Kubernetes is an open-source platform for automating all development stages of containerized applications. Design patterns are iterable solutions to software development problems pertinent to software design. Kubernetes extensions are utilized for configuring and supporting Kubernetes clusters. With the help of Kubernetes design patterns and extensions, users of the platform can achieve CI/CD approaches while maintaining scalability and flexibility of software applications.

This instructor-led, live training (online or onsite) is aimed at developers and DevOps engineers who wish to leverage Kubernetes design patterns and extensions to create enterprise applications on Kubernetes clusters.

By the end of this training, participants will be able to:

- Set up a Kubernetes cluster and configure the necessary DevOps tools.
- Understand the fundamentals of software design patterns and Kubernetes extensions.
- Utilize Kubernetes extensions and design patterns when interacting with Kubernetes API.
- Develop customized Kubernetes resources and apply dynamic controllers to a cluster.
- Manage and secure any Kubernetes environment with the help of Kubernetes plugins.
- Integrate DevOps networking models to existing and prospective Kubernetes projects.

Format of the Course

- Interactive lecture and discussion.
- Lots of exercises and practice.
- Hands-on implementation in a live-lab environment.

Course Customization Options

- To request a customized training for this course, please contact us to arrange.
14 時間
概要
ドメイン駆動型設計(Domain Driven Design、DDD)は、ソフトウェアを開発する際に複雑な動作を処理する手法です。
14 時間
概要
Design Thinkingは、不明確または未知の複雑な問題に取り組むためのソリューションベースの方法です。このアプローチは、社内チームの競合解決から製品開発に至るまでの課題を解決するために、ビジネスチームとエンジニアリングチームの両方によって適応されています。 Design Thinking使用される方法のいくつかは人間のニーズを理解すること、人間中心の方法で問題を再構成すること、新しいアイデアをブレインストーミングすること、そして試作とテストで実践的なアプローチを採用するDesign Thinking含みます。

このインストラクター主導のライブワークショップトレーニングでは、参加者は、製品またはサービスのエンドユーザーが経験する問題をよりよく理解するための5つのDesign Thinking適用方法を学び、それからそれらを解決するための最善のアプローチを開発します。

このトレーニングの終わりまでに、参加者は次のことができるようになります。

- 顧客のニーズを技術的に実現可能なソリューションと一致させるために創造的な戦略を使用する
- 顧客価値を高め、商品やサービスの提供を強化するための戦略を立てる

観客

- 開発者
- プロジェクトマネージャ

コースの形式

- パートレクチャー、パートディスカッション、エクササイズ、そして激しい実習
35 時間
概要
This instructor-led, live training in 日本 (online or onsite) is aimed at persons who wish to learn how to carry out a successful design sprint within their organization.

By the end of this training, participants will be able to:

- Reduce the risk of bringing a new product to market.
- Gather feedback from customers on a new concept, before the product is built.
- Stir up creativity in a team to make critical decisions, faster.
14 時間
概要
このコースは、アジャイルプロジェクト管理フレームワーク(特にSCRUM)がテストをどのように処理するかを説明するために、テストマネージャー、品質保証スタッフ、テスター、ソフトウェア開発者、プロジェクトマネージャーおよび管理者向けに作成されています。

コースの最後に、各代表者がサンプルアプリケーションのテストプランを設計して実行します(利用可能であれば、実際のクライアントアプリケーションにすることができます)
35 時間
概要
観客

- テスト管理者
- パフォーマンステスターまたはパフォーマンスエンジニア
- パフォーマンステストでキャリアを伸ばしたい開発者。

コースの形式

40%の講義、60%の研究室
14 時間
概要
トレーニングは、開発者、 Scrumマスター、プロダクトオーナー、およびビジネス部門の一部に公開されています。トレーニングの目的は、トピック「品質保証と継続的インテグレーション」と、アジャイル手法を実施したプロジェクトでの位置付けを紹介することです。参加者は、QA / CIに沿ったソフトウェア開発のツールとプロセスに関する実践的な知識だけでなく、議論されている問題について幅広い視点を得ることができます。ビジネスの代表者は、これらのツールとプロセスを実装する利点を理解し、ソフトウェア開発の時間とコストの両方に変換できます。提示される問題は、顧客の要件に応じて、 PHPまたはJava基づいています。
28 時間
概要
Agile Software Testingは、アジャイル開発の原則に従って、タイムリーかつ継続的な方法でソフトウェア品質の問題に対価を支払う一連のテスト方法です。

Continuous Integration (CI)とは、チーム内のすべての開発者が1日に数回作業をマージすることです。
63 時間
概要
このコースでは、ソフトウェアエンジニアリング、要件エンジニアリング、およびテストの基礎と応用について実践的に実践します。
7 時間
概要
このコースでは、 Agileソフトウェアテストについて簡単に説明します。それはの文脈の中で、基礎的なテストの概念を扱うAgile ( Scrum )の開発とクリスピン&グレゴリーさん( 詳しい使用Agileテスト、2014) Agileの現代的な原則と慣行探求するためのフレームワークとしてのテスト象限モデルをAgileテストを。
14 時間
概要
概要

この2日間のコースでは、 Agileソフトウェアテストについて簡単に紹介します。それはの文脈の中で、基礎的なテストの概念を扱うAgile ( Scrum )の開発とクリスピン&グレゴリーさん( 詳しい使用Agileテスト、2014) Agileの現代的な原則と慣行探求するためのフレームワークとしてのテスト象限モデルをAgileテストを。

対象とする訪問者

このコースは、 Agileコンテキストでテスト方法を改善したい開発チームを対象としています。

それは特定のキャリアとしてテストを追求することを意図しているそれらにも適していて、iSQI認定Agileテスターコースのための適切な前提条件です。
28 時間
概要
This instructor-led, live training in 日本 (online or onsite) is aimed at developers, engineers, and architects seeking to secure their web apps and services.

By the end of this training, participants will be able to integrate, test, protect, and analyze their web apps and services using the OWASP testing framework and tools.
14 時間
概要
このコースでは、プロジェクト管理、テスト、ビジネス分析の場所など、 Agileと従来のWaterfallのコンテキスト内での、現在の開発原則と実践について説明します。

講座はワークショップ形式で、参加者が質問をしたりコンテンツの実際の活用方法を模索する機会を提供します。

このコースは一連のモジュールで構成され、各モジュールは1.5時間かかるように設計されています。つまり、1トレーニング日は4つのモジュールで構成されます。

対象とする訪問者

このコースは、現代のWaterfall& Agileソフトウェア開発と、プロジェクト管理、テスト、およびビジネス分析への影響の概要を迅速に把握したいユーザーを対象としています。
35 時間
概要
観客

- 性能テスター
- パフォーマンスエンジニア
- パフォーマンスアーキテクトとしてのキャリアを伸ばしたい開発者。

コースの形式

50%の講義、50%のラボ
週末ソフトウェア工学コース, 夜のソフトウェア工学トレーニング, ソフトウェア工学ブートキャンプ, ソフトウェア工学 インストラクターよる, 週末ソフトウェア工学トレーニング, 夜のソフトウェア工学コース, ソフトウェア工学指導, ソフトウェア工学インストラクター, ソフトウェア工学レーナー, ソフトウェア工学レーナーコース, ソフトウェア工学クラス, ソフトウェア工学オンサイト, ソフトウェア工学プライベートコース, ソフトウェア工学1対1のトレーニング

コースプロモーション

コースディスカウントニュースレター

We respect the privacy of your email address. We will not pass on or sell your address to others.
You can always change your preferences or unsubscribe completely.

一部のお客様

is growing fast!

We are looking to expand our presence in Japan!

As a Country Manager you will:

  • manage business operations in Japan
  • develop a business development strategy
  • expand the team, promote the brand and widen our market share
  • take charge of Japan operations as country manager within the first year

Benefits:

  • work in an international team environment
  • exposure to modern and leading-edge technology
  • potential to develop the role as the business grows
  • chance to work in a flat, bureaucracy-free organizational hierarchy

If you are interested in running a high-tech, high-quality training and consulting business.

Apply now!

This site in other countries/regions