システムアーキテクチャのトレーニングコース | Systems Architectureのトレーニングコース

システムアーキテクチャのトレーニングコース

インストラクターによる現地でのライブシステムアーキテクチャーのトレーニングコースは、インタラクティブなディスカッションや実践を通して、システムアーキテクチャーの基本を実証します。 Systems Architectureトレーニングは、オンサイトライブトレーニングまたはリモートライブトレーニングとして利用できます。現場での現場でのトレーニングは、 日本 NobleProgの企業研修センターで日本 。リモートライブトレーニングは、インタラクティブなリモートデスクトップを介して実行されます。 NobleProg - あなたの地域のトレーニングプロバイダー

Machine Translated

お客様の声

★★★★★
★★★★★

システムアーキテクチャサブカテゴリ

システムアーキテクチャコース概要

コース名
期間
概要
コース名
期間
概要
28 hours
概要
この実践的なトレーニングでは、AR CAD IA(アーキテクチャー分析およびデザイン統合アプローチ)メソッドとそれに関連するモデリング言語の長所と短所を知ることができます。また、オープンソースのCapellaツールを使用して実施された完全なケーススタディを通じて、この方法に適応したワークベンチの利点にも焦点を当てます。言語、アプローチ、ツール:これらはモデルベースシステムエンジニアリング( MBSE )の成功に必要な3つの柱です。

対象読者: AR CAD IAメソッドを習得し、Capellaツールを効率的に使用する方法を学びたい、プロジェクト管理者、設計者、システムエンジニア。

指導方法:

- 例を用いた理論的発表
- カペラで実現した事例研究
14 hours
概要
ドメイン駆動型設計(Domain Driven Design、DDD)は、ソフトウェアを開発する際に複雑な動作を処理する手法です。
7 hours
概要
このエンタープライズアーキテクトトレーニングの概要は、Sparx SystemsのUMLモデリングツール、Enterprise Architectをモデリング活動に使用したいが、エンタープライズアーキテクトの機能、使い方、使用方法には慣れていないすべての人を対象にしています。
7 hours
概要
期間: 1日

対象読者: AR CAD IAメソッドとCapellaツーリングを発見したいプロジェクトマネージャ、アーキテクト、システムエンジニア。

指導方法:

- 例を用いた理論的発表
- カペラツールのデモンストレーション
21 hours
概要
Spring Cloudは、 Javaベースの分散システムとマイクロサービスを構築するためのプラットフォームです。

複雑なエンタープライズアプリケーションの構築は困難です。システムの一部を変更すると、システム全体の設計を変更する必要が生じる可能性があります。

このインストラクター主導のライブトレーニングでは、参加者は、サービスベースのシステムアーキテクチャを設計するためのさまざまなテクノロジとアプローチを評価する方法を学びます。トレーニングは、モノリシックシステムとサービスアーキテクチャの議論と比較から始まり、マイクロサービスアーキテクチャの詳細を掘り下げます。

参加者には、 Spring Cloud 、 Spring Boot 、およびDockerで構築された一連の概念実証マイクロサービスの作成と展開を進める際に、知識を実践する機会が与えられます。

最後に、関連するインフラストラクチャビルディングブロックを調べて、さまざまな組織の要件に使用する最適なツールとアプローチを参加者が決定できるようにします。

このトレーニングの終わりまでに、参加者は、 Service-Oriented Architecture (SOA)とマイクロService-Oriented Architecture (SOA)について十分に理解するとともに、 Spring Cloudと関連するSpringテクノロジを使用して独自のクラウドスケールのクラウド対応マイクロサービスを迅速に開発する実践的な経験を身につけます。

コースの形式

- 一部の講義、一部のディスカッション、演習、および実践的な実践
21 hours
概要
OCSMPモデルビルダー - 基礎試験では、システムの基本的なSysMLモデルを構築するために必要な知識とスキルをテストします。この調査では、モデルの概念と構成、基本的な要件の取得と管理、構造と動作モデル、パラメトリックモデル、割り当ての関係、およびステレオタイプの使用について説明します。このレベルでカバーされている知識とスキルに加えて、適切なSysMLモデリングツールの知識を使用して、 OCSMP Model Builder – Fundamental Certificationの所有者は、モデルベースのシステムエンジニアリングアプローチを採用するシステムエンジニアリングチームが実行するモデリングタスクに生産的に貢献する必要がありますSysMLを使用します。 OCSMPモデルビルダー-基本認定は、プログラムの2つの上位レベルの前提条件であり、 OCSMPモデルユーザー認定が前提条件として必要です。

この試験(およびOCSMPシリーズの他の試験)は、システムのモデルのコンテキストで、ここにリストされている知識とスキルを適用する能力をテストします。勉強しながら、それぞれの図を超えて、それがモデル化する側面が他の図の種類で表されるシステムの側面にどのように影響を与えたり影響を与えることができるかを理解してください。
21 hours
概要
このインストラクター主導のライブトレーニングでは、参加者は、 Enterprise Architect (EA)に実装されているSysMLを使用して、システム要件分析とモデリングを実行する方法を学びます。

このトレーニングの終わりまでに、参加者は次のことができるようになります。

- モデルベースシステムエンジニアリング( MBSE )アプローチを使用して、 SysMLを理解し、システムエンジニアリングプロジェクトに適用します。
- ユースケースモデルに基づいてシステム要件を特定します。
- システムアーキテクチャの設計と分析

コースの形式

- 実習ラボ環境での部分講義、部分ディスカッション、演習、および実地練習。

注意

- このコースのためのカスタマイズされたトレーニングを要求するには、手配するために私達に連絡してください。
21 hours
概要
この実習では、 SysMLモデリング言語を効率的に使用する方法を説明します。特に複雑なシステムの構造モデリングのためのブロック図を見つけるでしょう。動的モデリングのためのシーケンス図、状態図、およびアクティビティ図を深めます。また、要件図やパラメトリック図、割り当ての重要な概念など、特定のSysML図の使用方法についても学びます。また、会社の状況や調査対象となるシステムの種類に合わせてモデル化アプローチを定義する必要性にも焦点を当てます。 SysMLモデリングツールの最先端技術について、最後に説明します。

観客:

プロジェクトマネージャ、設計者、システムエンジニア、ソフトウェアとハードウェアの両方を含む複雑なシステムのモデル化

指導方法:

- 例を用いた理論的発表
- 紙に関するケーススタディ(トレーナーによるSysMLツールのデモ)
14 hours
概要
複雑なエンタープライズアプリケーションを構築することは、絶えず変化する環境において非常に困難です。

サービスまたはシステム間の統合の変更は、システム設計の変更を引き起こします。このコースでは、組織のサービスとシステムアーキテクチャ、および実用的なインフラストラクチャの規模と目的に合わせて、保守可能な設計方法について説明します。

このコースでは、統合の問題、インフラストラクチャ、および現代的なアプローチから始めて、複雑な問題を解決することまで、分散アプリケーションのランドスケープの構築に関する一般的な問題について説明します。

このコースでは、各ソリューションの長所と短所(例:伝統的なSOA対マイクロサービスアーキテクチャ)、開発および保守をサポートする利用可能なツール(主にオープンソース)などについて説明します。

コース形式

それは主に討論です(限られたプレゼンテーションで)。
21 hours
概要
このコースは、アナリスト、デザイナー、開発者、テスター、そしてプロジェクトマネージャーを対象としています。

このワークショップでは、 UMLとEnterprise Architect of Sparx Systemsを使用した問題分析、設計、および文書化システムを紹介します。トレーニング中には、プログラムの高度な機能(MDA、プロファイル、XMIなど)、およびモデリングを大幅に簡素化して高速化できるベストプラクティスが紹介されます。

トレーニングはEnterprise Architectツールに焦点を当てているため、参加者はUMLモデル化する方法を既に知っている必要があります。モデリングを学びたい人のために、私たちはUMLために献身的なトレーニングをしていUML 。

いくつかのプログラムトピックはオプションとしてマークされています - それはそれらの実現が参加者の決定と残り時間に依存することを意味します。

トレーニング方法:

講義10%、90%ワークショップ
14 hours
概要
このコースは、ビジネスアナリスト、マネージャー、チームリーダー、およびプロセスの所有者が、引き出す、分析、文書化、および、車両として機能するユースケース図およびユースケースシナリオを作成するための必要なコンピテンシーを提供するために設計されています。機能要件の伝達デリゲートは、ユースケースとアクターの間の相互作用をグラフィカルに表現するために、統合モデリング言語 (UML) でユースケースを作成する練習を行います。
週末システムアーキテクチャコース, 夜のシステムアーキテクチャトレーニング, システムアーキテクチャブートキャンプ, システムアーキテクチャ インストラクターよる, 週末システムアーキテクチャトレーニング, 夜のシステムアーキテクチャコース, システムアーキテクチャ指導, システムアーキテクチャインストラクター, システムアーキテクチャレーナー, システムアーキテクチャレーナーコース, システムアーキテクチャクラス, システムアーキテクチャオンサイト, システムアーキテクチャプライベートコース, システムアーキテクチャ1対1のトレーニング週末Systems Architectureコース, 夜のSystems Architectureトレーニング, Systems Architectureブートキャンプ, Systems Architecture インストラクターよる, 週末Systems Architectureトレーニング, 夜のSystems Architectureコース, Systems Architecture指導, Systems Architectureインストラクター, Systems Architectureレーナー, Systems Architectureレーナーコース, Systems Architectureクラス, Systems Architectureオンサイト, Systems Architectureプライベートコース, Systems Architecture1対1のトレーニング

コースプロモーション

一部のお客様

is growing fast!

We are looking to expand our presence in Japan!

As a Business Development Manager you will:

  • expand business in Japan
  • recruit local talent (sales, agents, trainers, consultants)
  • recruit local trainers and consultants

We offer:

  • Artificial Intelligence and Big Data systems to support your local operation
  • high-tech automation
  • continuously upgraded course catalogue and content
  • good fun in international team

If you are interested in running a high-tech, high-quality training and consulting business.

Apply now!