システムアーキテクチャのトレーニングコース | Systems Architectureのトレーニングコース

システムアーキテクチャのトレーニングコース

インストラクターによる現地でのライブシステムアーキテクチャーのトレーニングコースは、インタラクティブなディスカッションや実践を通して、システムアーキテクチャーの基本を実証します。 Systems Architectureトレーニングは、オンサイトライブトレーニングまたはリモートライブトレーニングとして利用できます。現場での現場でのトレーニングは、 日本 NobleProgの企業研修センターで日本 。リモートライブトレーニングは、インタラクティブなリモートデスクトップを介して実行されます。 NobleProg - あなたの地域のトレーニングプロバイダー

Machine Translated

お客様の声

★★★★★
★★★★★

システムアーキテクチャサブカテゴリ

システムアーキテクチャコース概要

コース名
期間
概要
コース名
期間
概要
14 時間
概要
複雑なエンタープライズアプリケーションを構築することは、絶えず変化する環境において非常に困難です。

サービスまたはシステム間の統合の変更は、システム設計の変更を引き起こします。このコースでは、組織のサービスとシステムアーキテクチャ、および実用的なインフラストラクチャの規模と目的に合わせて、保守可能な設計方法について説明します。

このコースでは、統合の問題、インフラストラクチャ、および現代的なアプローチから始めて、複雑な問題を解決することまで、分散アプリケーションのランドスケープの構築に関する一般的な問題について説明します。

このコースでは、各ソリューションの長所と短所(例:伝統的なSOA対マイクロサービスアーキテクチャ)、開発および保守をサポートする利用可能なツール(主にオープンソース)などについて説明します。

コース形式

それは主に討論です(限られたプレゼンテーションで)。
21 時間
概要
Spring Cloudは、 Javaベースの分散システムとマイクロサービスを構築するためのプラットフォームです。

複雑なエンタープライズアプリケーションの構築は困難です。システムの一部を変更すると、システム全体の設計を変更する必要が生じる可能性があります。

このインストラクター主導のライブトレーニングでは、参加者は、サービスベースのシステムアーキテクチャを設計するためのさまざまなテクノロジとアプローチを評価する方法を学びます。トレーニングは、モノリシックシステムとサービスアーキテクチャの議論と比較から始まり、マイクロサービスアーキテクチャの詳細を掘り下げます。

参加者には、 Spring Cloud 、 Spring Boot 、およびDockerで構築された一連の概念実証マイクロサービスの作成と展開を進める際に、知識を実践する機会が与えられます。

最後に、関連するインフラストラクチャビルディングブロックを調べて、さまざまな組織の要件に使用する最適なツールとアプローチを参加者が決定できるようにします。

このトレーニングの終わりまでに、参加者は、 Service-Oriented Architecture (SOA)とマイクロService-Oriented Architecture (SOA)について十分に理解するとともに、 Spring Cloudと関連するSpringテクノロジを使用して独自のクラウドスケールのクラウド対応マイクロサービスを迅速に開発する実践的な経験を身につけます。

コースの形式

- 一部の講義、一部のディスカッション、演習、および実践的な実践
14 時間
概要
ドメイン駆動型設計(Domain Driven Design、DDD)は、ソフトウェアを開発する際に複雑な動作を処理する手法です。
7 時間
概要
期間: 1日

対象読者: AR CAD IAメソッドとCapellaツーリングを発見したいプロジェクトマネージャ、アーキテクト、システムエンジニア。

指導方法:

- 例を用いた理論的発表
- カペラツールのデモンストレーション
28 時間
概要
この実践的なトレーニングでは、AR CAD IA(アーキテクチャー分析およびデザイン統合アプローチ)メソッドとそれに関連するモデリング言語の長所と短所を知ることができます。また、オープンソースのCapellaツールを使用して実施された完全なケーススタディを通じて、この方法に適応したワークベンチの利点にも焦点を当てます。言語、アプローチ、ツール:これらはモデルベースシステムエンジニアリング( MBSE )の成功に必要な3つの柱です。

対象読者: AR CAD IAメソッドを習得し、Capellaツールを効率的に使用する方法を学びたい、プロジェクト管理者、設計者、システムエンジニア。

指導方法:

- 例を用いた理論的発表
- カペラで実現した事例研究
21 時間
概要
この実習では、 SysMLモデリング言語を効率的に使用する方法を説明します。特に複雑なシステムの構造モデリングのためのブロック図を見つけるでしょう。動的モデリングのためのシーケンス図、状態図、およびアクティビティ図を深めます。また、要件図やパラメトリック図、割り当ての重要な概念など、特定のSysML図の使用方法についても学びます。また、会社の状況や調査対象となるシステムの種類に合わせてモデル化アプローチを定義する必要性にも焦点を当てます。 SysMLモデリングツールの最先端技術について、最後に説明します。

観客:

プロジェクトマネージャ、設計者、システムエンジニア、ソフトウェアとハードウェアの両方を含む複雑なシステムのモデル化

指導方法:

- 例を用いた理論的発表
- 紙に関するケーススタディ(トレーナーによるSysMLツールのデモ)
21 時間
概要
このトレーニングは、SysML を使用する方法について説明します, ing é Deniie システム è 私のための MoD é 読書の言語.特に複雑な è システムの構造 é mod のためのブロック図をカバーするために é。é シーケンス図、é 図、および動的 mod é の é アクティビティ図を深めることができます。また、é à は、要件図や é ボーンパラメータ図などの SysML の特定の SP é ダイアグラム、および割り当ての概念を使用することも学習します。我々はまた、N é に焦点を当てる é D é は MoD é の é ウォークを終えると、会社のコンテキストに é E を適応し、システム è 私 à é の研究のタイプを調整します。この実装は L & #39 を使用して行われます。ツール é liseation カメオシステムモデラー (MagicDraw) Nomagic による

聴衆:

Ing é エンジニアシステム è 私、アナリスト m é 層と MoD é の前に建築家のシステム è のマット é リエルとソフトウェアを含む私の複雑な

M é 法 P é 教育:

博覧会 é 第 é 理論例示 é 例
カメオシステムモデラーとの実務の 50% は、トレーニング

全体の é ケーススタディに
21 時間
概要
OCSMPモデルビルダー 基本的な検査は、システムの基本的なSYSMLモデルを構築するために必要な知識とスキルをテストします。 この試験は、モデルの概念と組織、基本要件の取得および管理、構造および動作モデル、パラメトリックモデル、割り当て関係、およびステレオタイプの使用をカバーしています。 このレベルでカバーされた知識とスキルを適用し、適切なSYSMLモデリングツールに精通しているOCSMPモデルビルダーの基盤と基本認証は、モデルベースのシステムエンジニアリングアプローチを使用するシステムエンジニアリングチームが実行する作業のモデリングに貢献する必要があります.SYSMLを使用して OCSMPモデルビルダー 基本認証は、プログラムの2つの高レベルの前提条件であり、OCSMPモデルのユーザー認証はその前提条件として必要です。

この試験(OCSMPシリーズの他のものと同様に、システムのモデルの文脈でここにリストされている知識とスキルを適用する能力をテストします。 あなたが勉強すると、各個々の図を超えて、モデルが似た側面が他の図のタイプで表されるシステムの側面に影響を与えるか、または影響を与えることを理解する。
7 時間
概要
このエンタープライズアーキテクトトレーニングの概要は、Sparx SystemsのUMLモデリングツール、Enterprise Architectをモデリング活動に使用したいが、エンタープライズアーキテクトの機能、使い方、使用方法には慣れていないすべての人を対象にしています。
14 時間
概要
このコースは、ビジネスアナリスト、マネージャー、チームリーダー、およびプロセスの所有者が、引き出す、分析、文書化、および、車両として機能するユースケース図およびユースケースシナリオを作成するための必要なコンピテンシーを提供するために設計されています。機能要件の伝達デリゲートは、ユースケースとアクターの間の相互作用をグラフィカルに表現するために、統合モデリング言語 (UML) でユースケースを作成する練習を行います。
21 時間
概要
このインストラクター主導のライブトレーニングでは、参加者は、 Enterprise Architect (EA)に実装されているSysMLを使用して、システム要件分析とモデリングを実行する方法を学びます。

このトレーニングの終わりまでに、参加者は次のことができるようになります。

- モデルベースシステムエンジニアリング( MBSE )アプローチを使用して、 SysMLを理解し、システムエンジニアリングプロジェクトに適用します。
- ユースケースモデルに基づいてシステム要件を特定します。
- システムアーキテクチャの設計と分析

コースの形式

- 実習ラボ環境での部分講義、部分ディスカッション、演習、および実地練習。

注意

- このコースのためのカスタマイズされたトレーニングを要求するには、手配するために私達に連絡してください。
21 時間
概要
The course is designed for analysts, designers, developers, testers and project managers.

The workshop presents a problem analysis, design and documentation systems using UML and Enterprise Architect of Sparx Systems. During the training will be presented to the advanced capabilities of the program (such as MDA, profiles, XMI), and best practices that can greatly simplify and accelerate modeling.

Because the training focuses on the Enterprise Architect tool it is required for participants to already know how to model in UML. For those who would like to learn modeling we have dedicated training for UML.

The training method

Lecture 10%, 90% workshop
14 時間
概要
This instructor-led, live training (onsite or remote) is aimed at architects, tech lead who work with distributed systems dedicated to high traffic and required high scalability and reliability.

By the end of this training, participants will be able to:

- Understand the key benefits, limitations and rules determining characteristics of distributed systems, scalable and highly reliable systems.
- Will be able to better assess what can be and what can not be achieved with such systems
- Will know typical architecture patterns of distributed, scalable and highly reliable systems
- Will understand the capabilities and proper model of usage of technologies, supporting scalability and reliability, systems like streaming service buses (based on Kafka), NoSQL storages (basing on Redis) and distributed processing.

Format of the Course

- Interactive lecture and discussion.
- Examples of architecture solutions.
- Real examples based on Kafka and Redis solutions.

Course Customization Options

- To request a customized training for this course, please contact us to arrange.

今後のシステムアーキテクチャコース

週末システムアーキテクチャコース, 夜のシステムアーキテクチャトレーニング, システムアーキテクチャブートキャンプ, システムアーキテクチャ インストラクターよる, 週末システムアーキテクチャトレーニング, 夜のシステムアーキテクチャコース, システムアーキテクチャ指導, システムアーキテクチャインストラクター, システムアーキテクチャレーナー, システムアーキテクチャレーナーコース, システムアーキテクチャクラス, システムアーキテクチャオンサイト, システムアーキテクチャプライベートコース, システムアーキテクチャ1対1のトレーニング週末Systems Architectureコース, 夜のSystems Architectureトレーニング, Systems Architectureブートキャンプ, Systems Architecture インストラクターよる, 週末Systems Architectureトレーニング, 夜のSystems Architectureコース, Systems Architecture指導, Systems Architectureインストラクター, Systems Architectureレーナー, Systems Architectureレーナーコース, Systems Architectureクラス, Systems Architectureオンサイト, Systems Architectureプライベートコース, Systems Architecture1対1のトレーニング

コースプロモーション

コースディスカウントニュースレター

We respect the privacy of your email address. We will not pass on or sell your address to others.
You can always change your preferences or unsubscribe completely.

一部のお客様

is growing fast!

We are looking to expand our presence in Japan!

As a Country Manager you will:

  • manage business operations in Japan
  • develop a business development strategy
  • expand the team, promote the brand and widen our market share
  • take charge of Japan operations as country manager within the first year

Benefits:

  • work in an international team environment
  • exposure to modern and leading-edge technology
  • potential to develop the role as the business grows
  • chance to work in a flat, bureaucracy-free organizational hierarchy

If you are interested in running a high-tech, high-quality training and consulting business.

Apply now!

This site in other countries/regions