企業コンプライアンスのトレーニングコース

企業コンプライアンスのトレーニングコース

地元の講師主導のライブコンプライアンストレーニングコースでは、インタラクティブなディスカッションや実践的な練習を通じて、企業コンプライアンスの基本と高度なトピックを実演しています。コーポレートコンプライアンストレーニングは、オンサイトライブトレーニングまたはリモートライブトレーニングとして利用できます。現場での現場でのトレーニングは、 日本 NobleProgの企業研修センターで日本 。リモートライブトレーニングは、インタラクティブなリモートデスクトップを介して実行されます。 NobleProg - あなたの地域のトレーニングプロバイダー

Machine Translated

お客様の声

★★★★★
★★★★★

企業コンプライアンスコース概要

コース名
期間
概要
コース名
期間
概要
21 時間
Audiance

All staff who need a working knowledge of Compliance and the Management of Risk

Format of the course

A combination of:

- Facilitated Discussions
- Slide Presentations
- Case Studies
- Examples

Course Objectives

By the end of this course, delegates will be able to:

- Understand the major facets of Compliance and the national and international efforts being made to manage the risk related to it
- Define the ways in which a company and its staff might set up a Compliance Risk Management Framework
- Detail the roles of Compliance Officer and Money Laundering Reporting Officer and how they should be integrated into a business
- Understand some other “hot spots” in Financial Crime – especially as they relate to International Business, Offshore Centres and High-Net-Worth Clients
21 時間
説明:

バゼルIIIは、銀行資本の適切性、ストレステストおよび市場流動性リスクに関するグローバル規制基準です。 バゼル銀行監督委員会が2010年に最初に合意したことにより、この協定の改正は2019年3月31日まで実施を延長した。 バゼルIIIは、銀行の流動性を高め、銀行の流動性を減らすことによって、銀行の資本要件を強化する。 バゼル3はバゼル1とバゼル2と異なりますので、バゼル1とバゼル2と同様に、バゼル1とバゼル2と同様に、バゼル2と同様に、バゼル2と同様に、バゼル2と同様に、バゼル2と同様に、バゼル2と同様に、バゼル2と同様に、バゼル2と同様に、バゼル2と同様に、バゼル2と同様に、バゼル2と同様に、バゼル2と同様に、バゼル2と同様に、バゼル2と同様に、バゼル2と同様に、バゼル2と同様に、バゼル2と同様に、バゼル2と この複雑で絶えず変化する風景は、維持しにくいかもしれません、私たちのコースとトレーニングは、あなたの機関に潜在的な変化とその影響を管理するのに役立ちます。 私たちはバゼル認証研究所の認定およびトレーニングパートナーであり、その結果、私たちのトレーニングおよび材料の品質および適切性が最新および効果的であることを保証されています。

目標:

認定バゼル専門試験の準備。 銀行組織における運用リスクの定義、測定、分析、改善、コントロールのための実践的な戦略とテクニックを定義する。

ターゲット観客:

リスク責任を持つ理事会のメンバー CROとリスクの頭(0) リスクのメンバー(0)チーム 従順、法的およびITサポートスタッフ 資産・信用アナリスト ポートフォリオ管理者 評価機関アナリスト

概要:

バゼル条約の基準及び改正の導入(III) 市場、クレジット、対立および流動性リスクに関する規則 様々なリスク対策のためのストレステスト、ストレステストの作成および実施方法を含む 国際銀行業界におけるバゼルIIIの可能な影響、その実用的な適用の証拠を含む 新しいバゼル基準の必要性 バゼル3規格 バゼル3規格の目標 バゼル III – タイムライン
28 時間
説明:

この4日間のイベント(CGEITトレーニング)は、試験のための究極の準備であり、最初の試みで挑戦的なCGEIT試験に確実に合格するように設計されています。
CGEIT資格は、ISACAによって授与されたITガバナンスの優れた象徴として国際的に認められています。これは、ITガバナンスの管理を担当する専門家、またはITガバナンスに関する重要な助言または保証の責任者向けに設計されています。
CGEITのステータスを取得することで、市場での認知度が向上し、エグゼクティブレベルでの影響力も拡大します。

目的:

このセミナーは、ISACAで定義されているように、試験に合格するための既存の知識と理解を補完することで、CGEIT試験の参加者を準備するように設計されています。

対象読者:

当社のトレーニングコースは、CGEIT試験を受験しているITガバナンスの経験が豊富なITおよびビジネス専門家向けです。
21 時間
Course goal:

To ensure that an individual has the core understanding of GRC processes and capabilities, and the skills to integrate governance, performance management, risk management, internal control, and compliance activities.

Overview:

- GRC Basic terms and definitions
- Principles of GRC
- Core components, practices and activities
- Relationship of GRC to other disciplines
7 時間
HIPAA(Health Insurance Portability and Accountability Act of 1996)は、米国における医療情報の処理および保管に関するデータのプライバシーおよびセキュリティに関する規定を定める法律です。 これらのガイドラインは、領土に関係なく、医療アプリケーションの開発に従うべき良い基準です。 HIPAAに準拠するアプリケーションは、世界的に認識され、より信頼されています。

このインストラクター指導、ライブトレーニング(リモート)では、参加者はHIPAAの基礎を学び、一連の実践的なライブラボの練習を通過します。

このトレーニングの終了後、参加者は:

HIPAAの基本を理解する HIPAAに合致する健康アプリケーションの開発 HIPAA遵守のための開発者ツールを使用する

観客

開発者 製品マネージャー データプライバシー担当者

コースの形式

部分講義、部分議論、練習、重い実践。

ノート

このコースのためのカスタマイズされたトレーニングを要求するには、私たちに連絡して整理してください。
7 時間
This instructor-led, live training in 日本 (online or onsite) is aimed at payment services compliance professionals who wish to create, implement, and enforce a compliance program within an organization.

By the end of this training, participants will be able to:

- Understand the rules set forth by government regulators for payment service providers.
- Create the internal policies and procedures needed to satisfy government regulations.
- Implement a compliance program that adheres to relevant laws.
- Ensures that all corporate processes and procedures comply with the compliance program.
- Uphold the business's reputation while protecting it from lawsuits.
14 時間
This instructor-led, live training in 日本 (online or onsite) is aimed at developers and administrators who wish to produce software and products that are HiTRUST compliant.

By the end of this training, participants will be able to:

- Understand the key concepts of the HiTrust CSF (Common Security Framework).
- Identify the HITRUST CSF administrative and security control domains.
- Learn about the different types of HiTrust assessments and scoring.
- Understand the certification process and requirements for HiTrust compliance.
- Know the best practices and tips for adopting the HiTrust approach.

Last Updated:

今後の企業コンプライアンスコース

週末企業コンプライアンスコース, 夜の企業コンプライアンストレーニング, 企業コンプライアンスブートキャンプ, 企業コンプライアンス インストラクターよる, 週末企業コンプライアンストレーニング, 夜の企業コンプライアンスコース, 企業コンプライアンス指導, 企業コンプライアンスインストラクター, 企業コンプライアンスレーナー, 企業コンプライアンスレーナーコース, 企業コンプライアンスクラス, 企業コンプライアンスオンサイト, 企業コンプライアンスプライベートコース, 企業コンプライアンス1対1のトレーニング

コースプロモーション

コースディスカウントニュースレター

We respect the privacy of your email address. We will not pass on or sell your address to others.
You can always change your preferences or unsubscribe completely.

一部のお客様

is growing fast!

We are looking to expand our presence in Japan!

As a Country Manager you will:

  • manage business operations in Japan
  • develop a business development strategy
  • expand the team, promote the brand and widen our market share
  • take charge of Japan operations as country manager within the first year

Benefits:

  • work in an international team environment
  • exposure to modern and leading-edge technology
  • potential to develop the role as the business grows
  • chance to work in a flat, bureaucracy-free organizational hierarchy

If you are interested in running a high-tech, high-quality training and consulting business.

Apply now!

This site in other countries/regions