SysMLのトレーニングコース

SysMLのトレーニングコース

オンラインまたはオンサイトのインストラクター主導のライブSysML(Systems Modeling Language)トレーニングコースでは、インタラクティブなハンズオンプラクティスを通じて、SysMLを使用してシステムをモデル化する方法を示します。SysMLの表記法と基礎となるセマンティクスは、受講者が学習した内容を適切なシステムモデリング方法またはツールに適用できるように説明されています。

OMG SysMLトレーニングは、「オンラインライブトレーニング」または「オンサイトライブトレーニング」として利用できます。オンラインライブトレーニング(別名「リモートライブトレーニング」)は、インタラクティブなリモートデスクトップで行われます。現地でのライブトレーニングは、日本のお客様のオフィスまたは日本のNobleProg提携の企業トレーニングセンターにて実施が可能です。

NobleProg - 現地のトレーニングプロバイダー

お客様の声

★★★★★
★★★★★

OMG Systems Modeling Language (OMG SysML)コース概要

コース名
期間
概要
コース名
期間
概要
14 時間
これはシミュレーションモデル(0)に焦点を当てた2日間のコースです。

このインストラクターによるライブトレーニング(オンサイドまたはリモート)は、Cameo Simulation Toolkit を使用して効果的に SysML グラフやモデルを作成し、実行したい人に向けられています。

このトレーニングの終了後、参加者は:

シミュレーションのための SysML グラフを準備し、設定します。 アクティビティグラフを実行します。 ステータス・マシン・ダイアグラム パラメトリック・グラフを実行します。 順序図を実行する。

このコースに参加するには、参加者は前提条件を満たし、 SysML グラフをよく理解する必要があります。

コースの形式

インタラクティブな講義と議論 たくさんの練習や実践。 ライブラボ環境でのハンドオン実装

コースカスタマイズオプション

このコースのためのカスタマイズされたトレーニングを要求するには、私たちに連絡して整理してください。
21 時間
このコースは、あなたを準備します OMG 認定 Systems Modeling プロフェッショナル(0) 。

(3)
21 時間
このコースは、 OMGの最新のシステムモデリング言語( SysML )仕様を使用してシステムをモデル化する方法を実際に理解するための2つの方法で提供されます。 SysMLの表記法とその基礎となるセマンティクスは、学生が学習した内容を適切なシステムモデリング方法やツールに適用できるように説明されています。
21 時間
これは、モデリング、 UML 、 SysML 、 MagicDraw使用の原則をカバーする3日間のトレーニングです。ケーススタディは、典型的なモデルベースのシステムエンジニアリングアプローチを示しています。

コース:

- SysMLを使用したシステムモデリングにMagicDrawを使用するための講義と実践的な練習が含まれています。
- SysML主要な概念と図について説明します。
- システムモデルの例を構築する実践的な経験を提供します。
- さまざまなビューでモデル要素をトレースする方法を示します。
- MagicDraw機能を効率的に使用する方法を説明します。
- 一貫したモデリングケーススタディに基づいています。

観客:

- モデルを作成して使用するシステム設計者、システムエンジニア、ソフトウェア設計者、およびその他の利害関係者。

方法:

- プレゼンテーション、ディスカッション、ケーススタディに基づく実践的な課題。

コース教材:

- スライド、ケーススタディモデル、および実際の課題の説明。

証明書:

- 各参加者は、トレーニングに参加したことを示すNobleProg証明書を受け取ります。
21 時間
目的:

UML 2とSysMLを使用したシステム仕様に基づいて、要件を効率的に収集する方法を理解するためにSystem Engineeringドメインのアナリストと設計者を支援します。

この3日間のトレーニングは、システムアナリストが自分のニーズを効率的に表現するのを支援し、設計者がこれらのニーズに基づいてシステムの適切なアーキテクチャ設計を行うのを支援することを目的としています。

結果として得られるシステムアーキテクチャは、システム機能にカプセル化されたビジネスルールとエンドユーザーの使用選択(ユースケース)の一貫したトレーサビリティを可能にするので、変化に直面して組み込みシステムソフトウェアに優れた敏捷性を提供します。ソフトウェア実装レベル
21 時間
この実習では、 SysMLモデリング言語を効率的に使用する方法を説明します。特に複雑なシステムの構造モデリングのためのブロック図を見つけるでしょう。動的モデリングのためのシーケンス図、状態図、およびアクティビティ図を深めます。また、要件図やパラメトリック図、割り当ての重要な概念など、特定のSysML図の使用方法についても学びます。また、会社の状況や調査対象となるシステムの種類に合わせてモデル化アプローチを定義する必要性にも焦点を当てます。 SysMLモデリングツールの最先端技術について、最後に説明します。

観客:

プロジェクトマネージャ、設計者、システムエンジニア、ソフトウェアとハードウェアの両方を含む複雑なシステムのモデル化

指導方法:

- 例を用いた理論的発表
- 紙に関するケーススタディ(トレーナーによるSysMLツールのデモ)
21 時間
このトレーニングは、SysML を使用する方法について説明します, ing é Deniie システム è 私のための MoD é 読書の言語.特に複雑な è システムの構造 é mod のためのブロック図をカバーするために é。é シーケンス図、é 図、および動的 mod é の é アクティビティ図を深めることができます。また、é à は、要件図や é ボーンパラメータ図などの SysML の特定の SP é ダイアグラム、および割り当ての概念を使用することも学習します。我々はまた、N é に焦点を当てる é D é は MoD é の é ウォークを終えると、会社のコンテキストに é E を適応し、システム è 私 à é の研究のタイプを調整します。この実装は L & #39 を使用して行われます。ツール é liseation カメオシステムモデラー (MagicDraw) Nomagic による

聴衆:

Ing é エンジニアシステム è 私、アナリスト m é 層と MoD é の前に建築家のシステム è のマット é リエルとソフトウェアを含む私の複雑な

M é 法 P é 教育:

博覧会 é 第 é 理論例示 é 例
カメオシステムモデラーとの実務の 50% は、トレーニング

全体の é ケーススタディに
21 時間
このインストラクター主導のライブトレーニングでは、参加者は、 Enterprise Architect (EA)に実装されているSysMLを使用して、システム要件分析とモデリングを実行する方法を学びます。

このトレーニングの終わりまでに、参加者は次のことができるようになります。

- モデルベースシステムエンジニアリング( MBSE )アプローチを使用して、 SysMLを理解し、システムエンジニアリングプロジェクトに適用します。
- ユースケースモデルに基づいてシステム要件を特定します。
- システムアーキテクチャの設計と分析

コースの形式

- 実習ラボ環境での部分講義、部分ディスカッション、演習、および実地練習。

注意

- このコースのためのカスタマイズされたトレーニングを要求するには、手配するために私達に連絡してください。
28 時間
SysMLは、システムエンジニアリングアプリケーションを分析、設計、認証するために使用されるモデリング言語です。 SysML V2 は、V1 の精度、アプローチ、および一般的な使用性の向上を提供する次の世代システムのモデリング言語です。

このインストラクターによるライブトレーニング(オンラインまたはオンライン)は、プロジェクトマネージャー、アーキテクチャー、システムエンジニアがV2機能と能力を使用してシステムをモデル化し、評価したいと考えています。

このトレーニングの終了後、参加者は、V2を使用して複雑なシステムを特定、分析、設計、検証することができます。

コースの形式

インタラクティブな講義と議論 たくさんの練習や実践。 ライブラボ環境でのハンドオン実装

コースカスタマイズオプション

このコースのためのカスタマイズされたトレーニングを要求するには、私たちに連絡して整理してください。

Last Updated:

今後のOMG SysMLコース

週末OMG Systems Modeling Languageコース, 夜のOMG Systems Modeling Language (OMG SysML)トレーニング, Systems Modeling Languageブートキャンプ, OMG Systems Modeling Language インストラクターよる, 週末OMG Systems Modeling Languageトレーニング, 夜のOMG Systems Modeling Language (OMG SysML)コース, SysML指導, OMG SysML (OMG Systems Modeling Language)インストラクター, OMG Systems Modeling Language (OMG SysML)レーナー, SysMLレーナーコース, SysML (Systems Modeling Language)クラス, SysML (Systems Modeling Language)オンサイト, OMG SysML (OMG Systems Modeling Language)プライベートコース, OMG Systems Modeling Language1対1のトレーニング

コースプロモーション

コースディスカウントニュースレター

We respect the privacy of your email address. We will not pass on or sell your address to others.
You can always change your preferences or unsubscribe completely.

一部のお客様

is growing fast!

We are looking to expand our presence in Japan!

As a Country Manager you will:

  • manage business operations in Japan
  • develop a business development strategy
  • expand the team, promote the brand and widen our market share
  • take charge of Japan operations as country manager within the first year

Benefits:

  • work in an international team environment
  • exposure to modern and leading-edge technology
  • potential to develop the role as the business grows
  • chance to work in a flat, bureaucracy-free organizational hierarchy

If you are interested in running a high-tech, high-quality training and consulting business.

Apply now!

This site in other countries/regions