OMGのトレーニングコース

OMGのトレーニングコース

オンラインまたはオンサイトのインストラクター主導のライブOMG(Object Management Group)トレーニングコースでは、インタラクティブなディスカッションと実践的な実践を通じて、OMGモデリング標準を適用してソフトウェアやその他のプロセスの視覚的な設計、実行、保守を可能にする方法を示します。

OMGトレーニングは、「オンラインライブトレーニング」または「オンサイトライブトレーニング」として利用できます。オンラインライブトレーニング(別名「リモートライブトレーニング」)は、インタラクティブなリモートデスクトップで行われます。現地でのライブトレーニングは、日本のお客様のオフィスまたは日本のNobleProg提携の企業トレーニングセンターにて実施が可能です。

NobleProg - 現地のトレーニングプロバイダー

お客様の声

★★★★★
★★★★★

OMGコース概要

コース名
期間
概要
コース名
期間
概要
14 時間
概要
This is a 2-day course that focuses on simulating SysML models.

This instructor-led, live training (onsite or remote) is aimed at those who wish to use Cameo Simulation Toolkit to effectively create and run SysML diagrams and models.

By the end of this training, participants will be able to:

- Prepare and configure SysML diagrams for simulation.
- Execute Activity diagrams.
- Execute State Machine diagrams.
- Execute Parametric diagrams.
- Execute Sequence diagrams.

To attend this course the participant should meet the prerequisities and have a good understanding of the SysML diagrams.

Format of the Course

- Interactive lecture and discussion.
- Lots of exercises and practice.
- Hands-on implementation in a live-lab environment.

Course Customization Options

- To request a customized training for this course, please contact us to arrange.
21 時間
概要
これは、モデリング、 UML 、 SysML 、 MagicDraw使用の原則をカバーする3日間のトレーニングです。ケーススタディは、典型的なモデルベースのシステムエンジニアリングアプローチを示しています。

コース:

- SysMLを使用したシステムモデリングにMagicDrawを使用するための講義と実践的な練習が含まれています。
- SysML主要な概念と図について説明します。
- システムモデルの例を構築する実践的な経験を提供します。
- さまざまなビューでモデル要素をトレースする方法を示します。
- MagicDraw機能を効率的に使用する方法を説明します。
- 一貫したモデリングケーススタディに基づいています。

観客:

- モデルを作成して使用するシステム設計者、システムエンジニア、ソフトウェア設計者、およびその他の利害関係者。

方法:

- プレゼンテーション、ディスカッション、ケーススタディに基づく実践的な課題。

コース教材:

- スライド、ケーススタディモデル、および実際の課題の説明。

証明書:

- 各参加者は、トレーニングに参加したことを示すNobleProg証明書を受け取ります。
14 時間
概要
このコースでは、 OMG DMN (Decision Model and Notation)標準を使用して、ルール内で意思決定を設計および実行する方法を学習します。
21 時間
概要
OCSMPモデルビルダー 基本的な検査は、システムの基本的なSYSMLモデルを構築するために必要な知識とスキルをテストします。 この試験は、モデルの概念と組織、基本要件の取得および管理、構造および動作モデル、パラメトリックモデル、割り当て関係、およびステレオタイプの使用をカバーしています。 このレベルでカバーされた知識とスキルを適用し、適切なSYSMLモデリングツールに精通しているOCSMPモデルビルダーの基盤と基本認証は、モデルベースのシステムエンジニアリングアプローチを使用するシステムエンジニアリングチームが実行する作業のモデリングに貢献する必要があります.SYSMLを使用して OCSMPモデルビルダー 基本認証は、プログラムの2つの高レベルの前提条件であり、OCSMPモデルのユーザー認証はその前提条件として必要です。

この試験(OCSMPシリーズの他のものと同様に、システムのモデルの文脈でここにリストされている知識とスキルを適用する能力をテストします。 あなたが勉強すると、各個々の図を超えて、モデルが似た側面が他の図のタイプで表されるシステムの側面に影響を与えるか、または影響を与えることを理解する。
28 時間
概要
OCEB2コンテンツ開発者

NobleProgの公式OMG OCEB 2コンテンツ開発者ステータスは、コースの概要とトレーニング資料が、OCEB 2試験の質問を準備した同じ専門家によって開発されたことを意味します。

このコースでは、 OMG認定BPM (OCEB v2)基礎試験の準備をします。

このコースの後、200以上のサンプル問題でテストエンジンを使用して練習できます。
21 時間
概要
このコースでは、OMG 認定システムモデリングプロフェッショナル (OCSMP) をご用意しています。

http://www.omg.org/ocsmp/index.htm
28 時間
概要
OCSMP モデルビルダ – 中間検査では、フル SysML 機能セットを使用してシステムモデルを開発するために使用される知識とスキルをテストします。この機能により、基本レベルでモデル化されたものよりも、要件、構造、動作、パラメトリック制約の詳細かつ正確なモデリングが可能になります。さらに、このエンジニアは、複雑なモデルを整理し、モデル要素と図の間の相互関係を定義し、言語やメソッドの制約への適合性を含むモデル品質の側面を評価するために必要な理解を持っています。この認定によってテストされた知識のレベルは、モデルベースのシステムエンジニアリングの方法とツールの専門知識のレベルを伴って、プロジェクトのためのシステムモデリングのリードに適しており、貢献しているトップランクのチームメンバーのためにモデルまたはシステムに独立して, このようなリードシステムエンジニアなど.OCSMP モデルビルダ-中間証明は、プログラム & #39 のための前提条件である、OCSMP モデルビルダ – 高度な、およびその前提条件として OCSMP モデルビルダ – 基本認証が必要です。

コースの構造は、本に基づいています-SysML の実践的なガイド: Friedenthal、ムーア、 シュタイナーによるシステムモデリング言語。
21 時間
概要
このコースは、 OMGの最新のシステムモデリング言語( SysML )仕様を使用してシステムをモデル化する方法を実際に理解するための2つの方法で提供されます。 SysMLの表記法とその基礎となるセマンティクスは、学生が学習した内容を適切なシステムモデリング方法やツールに適用できるように説明されています。
21 時間
概要
目的:

UML 2とSysMLを使用したシステム仕様に基づいて、要件を効率的に収集する方法を理解するためにSystem Engineeringドメインのアナリストと設計者を支援します。

この3日間のトレーニングは、システムアナリストが自分のニーズを効率的に表現するのを支援し、設計者がこれらのニーズに基づいてシステムの適切なアーキテクチャ設計を行うのを支援することを目的としています。

結果として得られるシステムアーキテクチャは、システム機能にカプセル化されたビジネスルールとエンドユーザーの使用選択(ユースケース)の一貫したトレーサビリティを可能にするので、変化に直面して組み込みシステムソフトウェアに優れた敏捷性を提供します。ソフトウェア実装レベル
21 時間
概要
この実習では、 SysMLモデリング言語を効率的に使用する方法を説明します。特に複雑なシステムの構造モデリングのためのブロック図を見つけるでしょう。動的モデリングのためのシーケンス図、状態図、およびアクティビティ図を深めます。また、要件図やパラメトリック図、割り当ての重要な概念など、特定のSysML図の使用方法についても学びます。また、会社の状況や調査対象となるシステムの種類に合わせてモデル化アプローチを定義する必要性にも焦点を当てます。 SysMLモデリングツールの最先端技術について、最後に説明します。

観客:

プロジェクトマネージャ、設計者、システムエンジニア、ソフトウェアとハードウェアの両方を含む複雑なシステムのモデル化

指導方法:

- 例を用いた理論的発表
- 紙に関するケーススタディ(トレーナーによるSysMLツールのデモ)
21 時間
概要
このトレーニングは、SysML を使用する方法について説明します, ing é Deniie システム è 私のための MoD é 読書の言語.特に複雑な è システムの構造 é mod のためのブロック図をカバーするために é。é シーケンス図、é 図、および動的 mod é の é アクティビティ図を深めることができます。また、é à は、要件図や é ボーンパラメータ図などの SysML の特定の SP é ダイアグラム、および割り当ての概念を使用することも学習します。我々はまた、N é に焦点を当てる é D é は MoD é の é ウォークを終えると、会社のコンテキストに é E を適応し、システム è 私 à é の研究のタイプを調整します。この実装は L & #39 を使用して行われます。ツール é liseation カメオシステムモデラー (MagicDraw) Nomagic による

聴衆:

Ing é エンジニアシステム è 私、アナリスト m é 層と MoD é の前に建築家のシステム è のマット é リエルとソフトウェアを含む私の複雑な

M é 法 P é 教育:

博覧会 é 第 é 理論例示 é 例
カメオシステムモデラーとの実務の 50% は、トレーニング

全体の é ケーススタディに
21 時間
概要
このインストラクター主導のライブトレーニングでは、参加者は、 Enterprise Architect (EA)に実装されているSysMLを使用して、システム要件分析とモデリングを実行する方法を学びます。

このトレーニングの終わりまでに、参加者は次のことができるようになります。

- モデルベースシステムエンジニアリング( MBSE )アプローチを使用して、 SysMLを理解し、システムエンジニアリングプロジェクトに適用します。
- ユースケースモデルに基づいてシステム要件を特定します。
- システムアーキテクチャの設計と分析

コースの形式

- 実習ラボ環境での部分講義、部分ディスカッション、演習、および実地練習。

注意

- このコースのためのカスタマイズされたトレーニングを要求するには、手配するために私達に連絡してください。
21 時間
概要
This course is intended for analysts, designers, developers, testers and project managers. It is an introduction to system modeling using UML.

Based on selected systems (case study) following phases of system modeling are presented: from modeling requirements, through business process modeling and documentation of functional and non-functional requirements, to the analytical model. The next step is the design phase - static and dynamic modeling using project classes and the interaction between the system components. For exercises is used Enterprise Architect - popular modeling tool.

Training can be the basis for a comprehensive process modeling in enterprise systems through the use of UML in all phases of software development.
28 時間
概要
This instructor-led, live training in 日本 (online or onsite) is aimed at project managers, architects, and system engineers who wish to model and evaluate systems using SysML V2 features and capabilities.

By the end of this training, participants will be able to specify, analyze, design, and verify complex systems using SysML V2.
14 時間
概要
みんなに広く利用可能な多くの実証済みのパターンがあります。時にはそれは名前を変更し、特定のテクノロジでパターンを実装することの問題です。それは何百時間も節約することができ、そうでなければ設計とテストに費やされるでしょう。トレーニングはGo最初、それは第二、それはあなたの組織に特有のパターンを作成し、再利用することができます、広く知られているパターンを再利用することができます:このコースは、2つの目標があり、ALSを。パターンによってコストがどのように削減されるか、設計プロセスを体系化し、パターンに基づいてコードフレームワークを生成する方法を推定するのに役立ちます。対象読者ソフトウェア設計者、ビジネスアナリスト、プロジェクトマネージャ、プログラマおよび開発者、ならびに運用マネージャおよびソフトウェア部門マネージャ。コーススタイルコースはユースケースと特定のパターンとの関係に焦点を当てています。ほとんどの例は、 UMLと単純なJava例で説明されていJava (コースがクローズドコースとして予約されている場合は、言語が変わる可能性があります)。パターンの出所を案内したり、組織全体で再利用できるパターンをカタログ化して説明する方法を説明します。
21 時間
概要
IT業界で最も急成長している役割の1つは、IT Businessアナリストです。 Businessアナリストはほとんどの組織に存在し、民間部門であれ公共部門であれ、あらゆるITチームの重要なメンバーです。

このコースでは、 Businessアナリストが最先端のオブジェクト指向テクノロジを使用して自分の役割を果たす方法について、明確で段階的なガイドを提供します。
7 時間
概要
このエンタープライズアーキテクトトレーニングの概要は、Sparx SystemsのUMLモデリングツール、Enterprise Architectをモデリング活動に使用したいが、エンタープライズアーキテクトの機能、使い方、使用方法には慣れていないすべての人を対象にしています。
14 時間
概要
このコースは、データをUMLモデル化するために必要とされるSubject Matter Expertsのために作成されました。

実装の詳細に入ることなく、一貫したモデリング手法を網羅しています。
14 時間
概要
目的:

このトレーニングコースでは、ビジネスアナリストがBPMNを使用してビジネスプロセスを効率的にモデル化する方法と、そのアクティビティによって処理されるリソースを学習することを支援します。柔軟なエンタープライズフレームワークによって実行されるビジネスアナリストは、このコースで、「ビジネス要件」に対応し、基礎となる設計レベルの活動を一貫して推進するために、適切なBPMN表記法とUMLのビジネス拡張を使用する方法を学びます。
21 時間
概要
目的:

このトレーニングコースは、製品管理者、製品所有者、ビジネスアナリスト、システムアーキテクト、および開発者が、製品ビジョンに基づいて効率的に要件を管理する方法を理解し、開発者がそれらを正しく実装できるよう指導することを目的としています。

より詳細には、このコースでは、戦略と利害関係者のニーズに基づいて製品管理者が自社製品の価値提案をより明確に定義するのを支援することを目的としています。 Businessアナリストや製品の所有者は、製品のバックログの要件をどのように記述するかを理解してから、システムの適切な叙事詩やユーザーストーリーを発見しながら、必要な価値創造に貢献します。対話型のケーススタディ演習に沿って、参加者はニーズの正しい理解を検証し、システム受け入れテストを準備するためにそのような要件を詳細に記述する方法を学びます。したがって、非常に一般的で生産的なUMLプロファイルを使用するだけで、反復的な要件収集プロセスを通じてアーキテクトや開発者と効率的にコミュニケーションをとるために要件を構造化することを学びます。

観客:

- 製品マネージャ
- プロダクトオーナー
- Businessアナリスト
- 要求Managementプロセスに興味がある人
14 時間
概要
このコースは、ビジネスアナリスト、マネージャー、チームリーダー、およびプロセスの所有者が、引き出す、分析、文書化、および、車両として機能するユースケース図およびユースケースシナリオを作成するための必要なコンピテンシーを提供するために設計されています。機能要件の伝達デリゲートは、ユースケースとアクターの間の相互作用をグラフィカルに表現するために、統合モデリング言語 (UML) でユースケースを作成する練習を行います。
21 時間
概要
The course is designed for analysts, designers, developers, testers and project managers.

The workshop presents a problem analysis, design and documentation systems using UML and Enterprise Architect of Sparx Systems. During the training will be presented to the advanced capabilities of the program (such as MDA, profiles, XMI), and best practices that can greatly simplify and accelerate modeling.

Because the training focuses on the Enterprise Architect tool it is required for participants to already know how to model in UML. For those who would like to learn modeling we have dedicated training for UML.

The training method

Lecture 10%, 90% workshop
21 時間
概要
The course extends possessed knowledge of UML. During the training, we focus on the practical use of the language of the UML object-oriented analysis.
21 時間
概要
UPDMは、米国国防総省アーキテクチャフレームワーク( DoDAF )と英国国防省アーキテクチャフレームワーク( MODAF )の両方をサポートするモデリング標準を開発するためのオブジェクトManagementグループ( OMG )のイニシアチブです。モデリング標準は、 DoDAFとMODAF統合プロファイル( UPDM )と呼ばれUPDM 。
35 時間
概要
このコースでは、 OMG United Architecture Frameworkのあらゆる側面についてしっかりと理解しています。特定のビューや機能に焦点を当てていませんが、参加者がドキュメント内でより多くの情報を簡単に見つけて理解できるようにします。

コースの間、参加者は簡単なエクササイズをしたり、質問に答えたりします。

通常、Sparx Enterprise Architectがコース中に使用されますが、代わりに他のツールを使用することもできます。
21 時間
概要
目的 :このコースは、参加者がUAFおよびNAFエンタープライズアーキテクチャフレームワークを実践する方法を理解するのを支援することを目的としています。

概念を理解UAFのドメインメタモデル(DMM)とNATO NAF V4アーキテクチャフレームワークのコンテキストで1.1は非常に有益であるUAFのセットを介して、セキュリティ、情報又は測定値としてシステムに関連する様々な利害関係者の懸念を説明します事前定義されたビューポイントと、NAFv4の対応するビューにマップされます。

一方、NATO NAFv4方法論のアーキテクチャステージは、 UAFのビューを効率的に使用して一貫性と完全性を確保しながら、展開する必要がある個人および物理リソースまでの高レベルの目標からトレーサビリティを実現する方法を理解するのに役立ちますそれらを実現します。

コース中に説明された概念と技術は、エンドツーエンドのケーススタディとそのさまざまな演習を使用して、参加者によって徐々に適用されます。

コースの形式

- インタラクティブな講義とディスカッション。
- たくさんの練習と練習。
- ライブラボ環境での実践的な実装。

コースのカスタマイズオプション

- このコースのカスタマイズされたトレーニングをリクエストするには、お問い合わせください。
28 時間
概要
Businessプロセスモデルと表記法( BPM N)、決定モデルと表記法( DMN )、およびケースManagementモデルと表記法( CMMN )は、プロセス、決定、およびケースモデリングのための3つのオブジェクトManagementグループ( OMG )標準です。このコースでは、それらすべての概要を説明し、いつ使用するかを通知します。
21 時間
概要
このコースでは、 BPM 2( OCEB v2) Business中級試験のOMG認定エキスパートの準備をします。
45 時間
概要
このコースに参加する参加者は

- computationa 理論の基本的な概念を理解する
- は、コンピュータの自動化に人間のプロセスを翻訳学ぶ
- ファイルの編成とデータ構造を学ぶ
- は、データフローの実践的な理解を持って
- C#
のさまざまな機能を使用する方法を学習します。 - 典型的なコーディングミスとその回避方法について学びましょう
- は、安全なコーディングプラクティスのソースとさらなる読み取りを取得し
- は、一貫性を確立し、C# プログラミングを使用して高度な問題を解決します。

コースの形式

- パートレクチャー、パートディスカッション、エクササイズ、ヘビーハンズオン練習
21 時間
概要
OCUP2コンテンツ開発者

NobleProgには公式のOMG OCUP 2コンテンツ開発者のステータスがあります。これは、コース概要とトレーニング資料がOCUP 2試験の質問を準備した同じ専門家によって開発されたことを意味します。

オーディエンス

開発者、プログラマー、ビジネスアナリスト、プロジェクトマネージャー、ソフトウェアアーキテクト、テスター、ドキュメンテーション担当者、またはソフトウェア開発プロセスに携わる人。

目標

最も一般的に遭遇するUML要素で作業するように準備する
単純なUMLモデルを作成する方法を教えてくれます
UML開発チームのメンバーになる準備をする
週末OMGコース, 夜のOMGトレーニング, OMGブートキャンプ, OMG インストラクターよる, 週末OMGトレーニング, 夜のOMGコース, OMG指導, OMGインストラクター, OMGレーナー, OMGレーナーコース, OMGクラス, OMGオンサイト, OMGプライベートコース, OMG1対1のトレーニング

コースプロモーション

コースディスカウントニュースレター

We respect the privacy of your email address. We will not pass on or sell your address to others.
You can always change your preferences or unsubscribe completely.

一部のお客様

is growing fast!

We are looking to expand our presence in Japan!

As a Country Manager you will:

  • manage business operations in Japan
  • develop a business development strategy
  • expand the team, promote the brand and widen our market share
  • take charge of Japan operations as country manager within the first year

Benefits:

  • work in an international team environment
  • exposure to modern and leading-edge technology
  • potential to develop the role as the business grows
  • chance to work in a flat, bureaucracy-free organizational hierarchy

If you are interested in running a high-tech, high-quality training and consulting business.

Apply now!

This site in other countries/regions