情報システムセキュリティのトレーニングコース

情報システムセキュリティのトレーニングコース

日本ライブ情報システムセキュリティトレーニングコース。

お客様の声

★★★★★
★★★★★

情報システムセキュリティサブカテゴリ

情報システムセキュリティコース概要

コース名
期間
概要
コース名
期間
概要
35 時間
A CISSP is an information assurance professional who defines the architecture, design, management and/or controls that assure the security of business environments. The vast breadth of knowledge and the experience it takes to pass the exam is what sets a CISSP apart. The credential demonstrates a globally recognized level of competence provided by the (ISC)2® CBK®, which covers critical topics in security today, including cloud computing, mobile security, application development security, risk management and more.

This course helps you review the 10 domains of the information security practices. It also serves as a strong learning tool for mastering concepts and topics related to all aspects of information systems security.

Objectives:

- To review of the main topics of CISSP CBK (Common Body of Knowledge).
- To prepare for a CISSP examination
35 時間
Overview:

Certified Information Systems Security Professional certification is recognised as a key qualification for developing a senior career in information security, audit and IT governance management. Held by over 30,000 qualified professionals worldwide, the Certified Information Systems Security Professional qualification shows proven knowledge and is the key to a higher earning potential in roles that include CISO, CSO and senior security manager.

You will learn to:

- Use the knowledge gained in a practical manner beneficial to your organisation
- Protect your organisational assets using access control techniques and strengthen confidentiality and integrity controls from the world of cryptography
- Secure your network architecture and design (implement Cyber security)
- Achieve your organisational objectives such as legal & compliance, Information assurance, security and data governance
- Enhance IT services secure delivery via Security operations, architecture and design principles
- Implement business resiliency via Business Continuity Plan
- You will gain a thorough understanding of the 8 domains as prescribed by (ISC)2®.

The Main Goal:

- To pass your CISSP examination first time.

Target Audience:

This training is intended for individuals preparing for the CISSP certification exam.
21 時間
A thorough, practical, 3 day course designed to provide the knowledge and skills required to manage information security, information assurance or information risk based processes. The CISMP course is aligned with the latest national information assurance frameworks (IAMM), as well as ISO/IEC 27002 & 27001; the code of practice and standard for information security. This course is a CESG Certified Training (CCT) course.

The course follows the latest BCS syllabus and prepares delegates for the 2 hour multiple choice BCS examination.

This qualification provides delegates with detailed knowledge of the concepts relating to information security; (confidentiality, integrity, availability, vulnerability, threats, risks and countermeasures), along with an understanding of current legislation and regulations which impact information security management. Award holders will be able to apply the practical principles covered throughout the course ensuring normal business processes become robust and more secure.
28 時間
Description:

CISA® is the world-renowned and most popular certification for professionals working in the field of IS audit and IT risk consulting.

Our CISA course is an intense, very competitive and exam focused training course. With experience of delivering more than 150+ CISA trainings in Europe and around the world and training more than 1200+ CISA delegates, the Net Security CISA training material has been developed in house with the top priority of ensuring CISA delegates pass the ISACA CISA® Exam. The training methodology focuses on understanding the CISA IS auditing concepts and practicing large number of ISACA released question banks from the last three years. Over a period, CISA holders have been in huge demand with renowned accountings firms, global banks, advisory, assurance, and internal audit departments.

Delegates may have years of experience in IT auditing but perspective towards solving CISA questionnaires will solely depend on their understanding to globally accepted IT assurance practices. CISA exam is very challenging because the chance of a very tight clash between two possible answers exists and that is where ISACA tests you on your understanding in global IT auditing practices. To address these exam challenges, we always provide the best trainers who have extensive experience in delivering CISA training around the world.

The Net Security CISA manual covers all exam-relevant concepts, case studies, Q&A's across CISA five domains. Further, the Trainer shares the key CISA supporting material like relevant CISA notes, question banks, CISA glossary, videos, revision documents, exam tips, and CISA mind maps during the course.

Goal:

The ultimate goal is to pass your CISA examination first time.

Objectives:

- Use the knowledge gained in a practical manner beneficial to your organisation
- Provide audit services in accordance with IT audit standards
- Provide assurance on leadership and organizational structure and processes
- Provide assurance on acquisition/ development, testing and implementation of IT assets
- Provide assurance on IT operations including service operations and third party
- Provide assurance on organization’s security policies, standards, procedures, and controls to ensure confidentiality, integrity, and availability of information assets.

Target Audience:

Finance/CPA professionals, I.T. professionals, Internal & External auditors, Information security, and risk consulting professionals.
21 時間
このトレーニングは、MS Windows Server 2012 R2に基づく公開キー基盤の実装を計画し、認定された電子署名証明書の使用を計画しているすべてのオペレーティングシステム管理者を対象としています。

研修参加者は、公開鍵基盤の実装に関連する基本的な問題、および情報システムを保護するために最新の暗号化ソリューションを使用するというアイデアについて学びます。

MS Windows Server 2012 R2のオペレーティングシステムに基づいて、企業のニーズに合わせて認証サービスを使用する可能性について説明します。仮想環境でのトレーニング中に、完全な認定センターが設置され、Active Directoryドメイン内の公開キー基盤の管理と管理に関連する最も重要な問題について説明します。

このトレーニングには、「電子署名法」に従ってポーランドの認証センターによって発行された電子署名の使用に関する理論的および実践的な知識も含まれています。法的問題、法定要件、およびポーランドでの電子署名証明書の使用例について説明します。

研修参加者は、行政当局との連絡、およびこの種の身元識別の使用を可能にする、または必要とする他のサービスの使用に関連する電子通信を作成するために必要な知識を習得します。
35 時間
Description:

This course is the non-certifcation version of the "[CISA - Certified Information Systems Auditor](/cc/cisa)" course. CISA® is the world-renowned and most popular certification for professionals working in the field of IS audit and IT risk consulting.

Objectives:

- Use the knowledge gained to benefit your organisation
- Provide audit services in accordance with IT audit standards
- Provide assurance on leadership and organizational structure and processes
- Provide assurance on acquisition/ development, testing and implementation of IT assets
- Provide assurance on IT operations including service operations and third party
- Provide assurance on organization’s security policies, standards, procedures, and controls to ensure confidentiality, integrity, and availability of information assets.

Target Audience:

Finance/CPA professionals, I.T. professionals, Internal & External auditors, Information security, and risk consulting professionals.
21 時間
このコースでは、ISO 27001に基づく情報セキュリティリスク管理に特化したISO 27005に従って情報セキュリティを構築するためのスキルを習得します。
35 時間
このクラスは、参加者が自分のシステムをスキャン、テスト、ハッキング、 のセキュリティで保護するのに役立ちます。現在の重要なセキュリティシステムで の深い知識と実務経験を得るために。参加者はどのように境界防御の仕事を知るようになるし、スキャンに導かれると、独自のネットワークを攻撃し、実際のネットワークが損なわれることはありません。参加者は、侵入者がどのように特権をエスカレートするか、およびシステム、侵入検知、ポリシー作成、ソーシャルエンジニアリング、DDoS 攻撃、バッファオーバーフロー、およびウイルスの作成をセキュリティで保護するためにどのような手順を講じるかを学習します。
7 時間
This is a one day Introduction to ISO27001
21 時間
デジタルIDとは、コンピューターシステムがユーザーIDを確認するために使用する情報のことです。デジタルIDに関連する問題には、電子署名、アクセス制御、不正検出などがあります。

このインストラクター主導のライブトレーニング(オンサイトまたはリモート)は、エンドツーエンドのデジタルID管理システムのセットアップを希望する通信会社のエンジニアを対象としています。

このトレーニングの終わりまでに、参加者は次のことができるようになります。

- ユーザー名とパスワードを管理するためのさまざまなアプローチを理解し、評価し、採用します。
- テレコム環境で使用されるすべてのアプリケーションで機能する単一のログインシステムをセットアップします。
- アイデンティティテクノロジーを使用して、顧客とそのニーズを明確に理解します。
- さまざまなプラットフォーム(ラップトップ、モバイルなど)で機能する認証システムを実装します。

コースの形式

- インタラクティブな講義とディスカッション。
- たくさんの練習と練習。
- ライブラボ環境での実践的な実装。

コースのカスタマイズオプション

- このコースのカスタマイズされたトレーニングをリクエストするには、お問い合わせください。
21 時間
情報システムセキュリティとは、情報システムを無許可アクセスから保護することを意味します。

このインストラクター指導、ライブトレーニング(オンラインまたはオンライン)は、攻撃から組織の情報システムを保護するために必要な方法やツールを学びたいエンジニアに向けられています。

このトレーニングの終了後、参加者は:

コンピュータレベルと通信レベルでの情報セキュリティを理解する。 プライベート情報システムへの物理的およびデジタルアクセスを防止する。 保存されている、処理されている、または送信されている情報の変更を防ぐ。 サービス攻撃の否定から保護する。 セキュリティ上の脅威を検出、文書化、防止するために必要な措置を講じる。 組織情報が機密に保管されていることを確認する。

コースの形式

インタラクティブな講義と議論 たくさんの練習や実践。 ライブラボ環境でのハンドオン実装

コースカスタマイズオプション

このコースのためのカスタマイズされたトレーニングを要求するには、私たちに連絡して整理してください。
28 時間
トレーニングは、本質的な知識で補完されたワークショップの形で行われます。 クラスは、CISA証明書の公式枠組みに基づいています。 ワークショップでは、ケース研究が具体的な問題について議論されます。 授業は英語で行われます(ポーランド語で要求に応じて)英語でISACAの手順に基づいて。 760ドルの試験ボーカルがトレーニングに含まれています。 (ISACA メンバー: US $ 575 )



CISA試験材料範囲:

情報システム監査プロセス(21%) ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 情報システムの取得、開発、実施(12%) 情報システムの運用と Business 耐久性 (23%) 情報資産の保護(27%)

試験期間:4時間 タイプ:複数の選択テスト 質問数:200件



CISA資格を取得するために満たす必要がある要件のリスト:

CISA試験を受ける。 CISAを通過するスコアは、試験で450またはそれ以上のマークです。 ISACA Code of Professional Ethics(職業倫理法)に従う。 CISAの継続的な職業教育政策に従うことを約束 少なくとも5年間の専門的な情報システム監査、コントロール、セキュリティ作業経験を取得する。 情報システム監査基準の遵守

もしあなたが試験を通過し、あなたがこれらの要件を満たしていると信じているなら、あなたは証明書の申請を開始することができます:ここで このアプリケーションには50ドルの料金があります。

また、あなたがこの認証を維持するために支払わなければならない年間料金があります’あなたがそれを与えられた後に。 ISACAのメンバーは年間40ドル、非メンバーは75ドル。
21 時間
This instructor-led, live training in 日本 (online or onsite) focuses on analyzing the risks of Open Data while reducing vulnerability to disaster or data loss.

By the end of this training, participants will be able to:

- Understand the concepts and benefits of Open Data.
- Identify the different types of data.
- Understand the risks of Open Data and how to mitigate them.
- Learn how to manage Open Data risks and create a contingency plan.
- Implement Open Data risk mitigation strategies to reduce disaster risk.
14 時間
IBM Qradar SIEMは、危険な脅威に対する洞察を得るためのセキュリティ分析スイートです。 IBM Qradar SIEMを使用すると、ユーザーは洞察を得、脅威を特定し、セキュリティインテリジェンスを自動化することができます。

このインストラクターによるライブトレーニング(オンラインまたはオンライン)は、IBM Qradar SIEMを使用して圧迫的なセキュリティ利用ケースに対処したいセキュリティエンジニアに向けられています。

このトレーニングの終了後、参加者は:

オンプレミスおよびクラウド環境における企業データの可視性を得る。 セキュリティ情報を自動化して脅威を狩り、リスクを含む。 脅威を特定し、特定し、優先する。

コースの形式

インタラクティブな講義と議論 たくさんの練習や実践。 ライブラボ環境でのハンドオン実装

コースカスタマイズオプション

このコースのためのカスタマイズされたトレーニングを要求するには、私たちに連絡して整理してください。

Last Updated:

今後の情報システムセキュリティコース

週末情報システムセキュリティコース, 夜の情報システムセキュリティトレーニング, 情報システムセキュリティブートキャンプ, 情報システムセキュリティ インストラクターよる, 週末情報システムセキュリティトレーニング, 夜の情報システムセキュリティコース, 情報システムセキュリティ指導, 情報システムセキュリティインストラクター, 情報システムセキュリティレーナー, 情報システムセキュリティレーナーコース, 情報システムセキュリティクラス, 情報システムセキュリティオンサイト, 情報システムセキュリティプライベートコース, 情報システムセキュリティ1対1のトレーニング

コースプロモーション

コースディスカウントニュースレター

We respect the privacy of your email address. We will not pass on or sell your address to others.
You can always change your preferences or unsubscribe completely.

一部のお客様

is growing fast!

We are looking to expand our presence in Japan!

As a Country Manager you will:

  • manage business operations in Japan
  • develop a business development strategy
  • expand the team, promote the brand and widen our market share
  • take charge of Japan operations as country manager within the first year

Benefits:

  • work in an international team environment
  • exposure to modern and leading-edge technology
  • potential to develop the role as the business grows
  • chance to work in a flat, bureaucracy-free organizational hierarchy

If you are interested in running a high-tech, high-quality training and consulting business.

Apply now!

This site in other countries/regions