情報システムセキュリティのトレーニングコース

情報システムセキュリティのトレーニングコース

日本ライブ情報システムセキュリティトレーニングコース。

お客様の声

★★★★★
★★★★★

情報システムセキュリティサブカテゴリ

情報システムセキュリティコース概要

コース名
期間
概要
コース名
期間
概要
35 時間
概要
CISSPは、ビジネス環境のセキュリティを保証するアーキテクチャ、設計、管理、および/または管理を定義する情報保証の専門家です。幅広い知識と試験に合格するのに必要な経験が、CISSPを際立たせるものです。この認定資格は、クラウドコンピューティング、モバイルセキュリティ、アプリケーション開発セキュリティ、リスク管理など、今日のセキュリティに関する重要なトピックをカバーする、(ISC)2®CBK®によって提供される世界的に認められたレベルの能力を証明します。

このコースでは、情報セキュリティの実践に関する10の分野を確認できます。また、情報システムセキュリティのあらゆる側面に関連する概念やトピックを習得するための強力な学習ツールとしても機能します。

目的:

- CISSP CBK(Common Body of Knowledge)の主要トピックのレビュー。
- CISSP試験の準備をする
35 時間
概要
概要:

認定情報システムセキュリティプロフェッショナル認定は、情報セキュリティ、監査、およびITガバナンス管理の上級キャリアを築くための重要な資格として認識されています。世界中で30,000人以上の資格のある専門家によって保持されて、認定情報システムセキュリティ専門資格は証明された知識を示して、CISO、CSOとシニアセキュリティマネージャを含む役割でより高い収益の可能性への鍵です。

あなたは学ぶことができます:

- あなたの組織に有益な実用的な方法で得た知識を使う
- アクセス制御技術を使用して組織の資産を保護し、暗号化の世界からの機密性と整合性の管理を強化する
- ネットワークのアーキテクチャと設計を保護する(Cyberセキュリティを実装する)
- 法的およびコンプライアンス、情報保証、セキュリティ、データガバナンスなどの組織の目的を達成する
- セキュリティ運用、アーキテクチャおよび設計原則によるITサービスの安全な配信の強化
- Business継続計画による事業回復力の実現
- (ISC)2®で規定されている8つのドメインについて完全に理解することができます。

メインGoアル:

- 初めてCISSP試験に合格する。

対象読者:

このトレーニングは、CISSP認定試験の準備をする個人を対象としています。
35 時間
概要
情報セキュリティ、情報保証または情報リスクベースのプロセスを管理するために必要な知識とスキルを提供するように設計された、徹底した実践的な5日間コース。 CISMPコースは、最新の全国情報保証フレームワーク(IAMM)、ISO / IEC 27002&27001に準拠しています。実践の規範と情報セキュリティの標準。このコースはCESG認定トレーニング(CCT)コースです。

コースは最新のBCSシラバスに沿っており、コースの最終日の午後に2時間の多肢選択式BCS試験の代議員を準備します。

この資格は、代表者に情報セキュリティに関する概念の詳細な知識を提供します。 (機密性、完全性、可用性、脆弱性、脅威、リスクおよび対応策)を理解するとともに、情報セキュリティ管理に影響を及ぼす現行の法律および規制を理解する。受賞者は、コース全体でカバーされる実践的な原則を適用して、通常のビジネスプロセスが堅固でより安全になるようにすることができます。
28 時間
概要
Description:

CISA® is the world-renowned and most popular certification for professionals working in the field of IS audit and IT risk consulting.

Our CISA course is an intense, very competitive and exam focused training course. With experience of delivering more than 150+ CISA trainings in Europe and around the world and training more than 1200+ CISA delegates, the Net Security CISA training material has been developed in house with the top priority of ensuring CISA delegates pass the ISACA CISA® Exam. The training methodology focuses on understanding the CISA IS auditing concepts and practicing large number of ISACA released question banks from the last three years. Over a period, CISA holders have been in huge demand with renowned accountings firms, global banks, advisory, assurance, and internal audit departments.

Delegates may have years of experience in IT auditing but perspective towards solving CISA questionnaires will solely depend on their understanding to globally accepted IT assurance practices. CISA exam is very challenging because the chance of a very tight clash between two possible answers exists and that is where ISACA tests you on your understanding in global IT auditing practices. To address these exam challenges, we always provide the best trainers who have extensive experience in delivering CISA training around the world.

The Net Security CISA manual covers all exam-relevant concepts, case studies, Q&A's across CISA five domains. Further, the Trainer shares the key CISA supporting material like relevant CISA notes, question banks, CISA glossary, videos, revision documents, exam tips, and CISA mind maps during the course.

Goal:

The ultimate goal is to pass your CISA examination first time.

Objectives:

- Use the knowledge gained in a practical manner beneficial to your organisation
- Provide audit services in accordance with IT audit standards
- Provide assurance on leadership and organizational structure and processes
- Provide assurance on acquisition/ development, testing and implementation of IT assets
- Provide assurance on IT operations including service operations and third party
- Provide assurance on organization’s security policies, standards, procedures, and controls to ensure confidentiality, integrity, and availability of information assets.

Target Audience:

Finance/CPA professionals, I.T. professionals, Internal & External auditors, Information security, and risk consulting professionals.
21 時間
概要
このトレーニングは、MS Windows Server 2012 R2に基づく公開キー基盤の実装を計画し、認定された電子署名証明書の使用を計画しているすべてのオペレーティングシステム管理者を対象としています。

研修参加者は、公開鍵基盤の実装に関連する基本的な問題、および情報システムを保護するために最新の暗号化ソリューションを使用するというアイデアについて学びます。

MS Windows Server 2012 R2のオペレーティングシステムに基づいて、企業のニーズに合わせて認証サービスを使用する可能性について説明します。仮想環境でのトレーニング中に、完全な認定センターが設置され、Active Directoryドメイン内の公開キー基盤の管理と管理に関連する最も重要な問題について説明します。

このトレーニングには、「電子署名法」に従ってポーランドの認証センターによって発行された電子署名の使用に関する理論的および実践的な知識も含まれています。法的問題、法定要件、およびポーランドでの電子署名証明書の使用例について説明します。

研修参加者は、行政当局との連絡、およびこの種の身元識別の使用を可能にする、または必要とする他のサービスの使用に関連する電子通信を作成するために必要な知識を習得します。
35 時間
概要
説明:

このコースは、非 certifcation バージョンの " cisa 認定情報システム監査者 " コースです。CISA ® は、世界的に有名な専門家の分野での作業のための最も人気のある認証は監査と IT リスクコンサルティングです。

の目的:

- あなたの組織 利益のために得られた知識を使用して
- は、IT 監査基準に従って監査サービスを提供して
- は、リーダーシップと組織構造とプロセスの保証を提供する
- は、IT 資産の取得/開発、テスト、実装に関する保証を提供し
- は、サービス業務および第三者
を含む IT 業務に関する保証を提供します。 - は、情報資産の機密性、完全性、可用性を確保するために、組織のセキュリティポリシー、標準、手順、および制御に関する保証を提供します。

対象読者:

ファイナンス/公認会計士、it プロフェッショナル、内部および社外監査役、情報セキュリティ、リスクコンサルティングの専門家。
35 時間
概要
コーススタイル:

これは講師によるコースで、「 [CISMP - 情報セキュリティManagement原則の証明書](/cc/cismp) 」コースの非認定版です。

説明:

このコースでは、日常の役割の一部としてセキュリティの責任を担う情報セキュリティチームの効果的なメンバーになるために必要な主要原則についての知識と理解を得られます。それはまた、情報セキュリティまたは関連する機能への移行を考えている個人を準備するでしょう。

目的:

以下のことを証明するために必要なスキルと知識を生徒に提供する。

- 情報セキュリティ管理に関する概念(機密性、可用性、脆弱性、脅威、リスクおよびその対策など)に関する知識
- 英国の情報セキュリティ管理に影響を与える現在の法律および規制の理解情報セキュリティの管理を容易にする現在の国内および国際規格、フレームワーク、および組織の認識。
- 情報セキュリティ管理が機能しなければならない現在のビジネスおよび技術的環境の理解
- 分類、操作、およびさまざまな種類や特性のコントロールの有効性に関する知識。
21 時間
概要
このコースでは、ISO 27001に基づく情報セキュリティリスク管理に特化したISO 27005に従って情報セキュリティを構築するためのスキルを習得します。
35 時間
概要
このクラスは、参加者が自分のシステムをスキャン、テスト、ハッキング、 のセキュリティで保護するのに役立ちます。現在の重要なセキュリティシステムで の深い知識と実務経験を得るために。参加者はどのように境界防御の仕事を知るようになるし、スキャンに導かれると、独自のネットワークを攻撃し、実際のネットワークが損なわれることはありません。参加者は、侵入者がどのように特権をエスカレートするか、およびシステム、侵入検知、ポリシー作成、ソーシャルエンジニアリング、DDoS 攻撃、バッファオーバーフロー、およびウイルスの作成をセキュリティで保護するためにどのような手順を講じるかを学習します。
7 時間
概要
This is a one day Introduction to ISO27001
21 時間
概要
デジタルIDとは、コンピューターシステムがユーザーIDを確認するために使用する情報のことです。デジタルIDに関連する問題には、電子署名、アクセス制御、不正検出などがあります。

このインストラクター主導のライブトレーニング(オンサイトまたはリモート)は、エンドツーエンドのデジタルID管理システムのセットアップを希望する通信会社のエンジニアを対象としています。

このトレーニングの終わりまでに、参加者は次のことができるようになります。

- ユーザー名とパスワードを管理するためのさまざまなアプローチを理解し、評価し、採用します。
- テレコム環境で使用されるすべてのアプリケーションで機能する単一のログインシステムをセットアップします。
- アイデンティティテクノロジーを使用して、顧客とそのニーズを明確に理解します。
- さまざまなプラットフォーム(ラップトップ、モバイルなど)で機能する認証システムを実装します。

コースの形式

- インタラクティブな講義とディスカッション。
- たくさんの練習と練習。
- ライブラボ環境での実践的な実装。

コースのカスタマイズオプション

- このコースのカスタマイズされたトレーニングをリクエストするには、お問い合わせください。
21 時間
概要
This instructor-led, live training in 日本 (online or onsite) is aimed at engineers who wish to learn the methods and tools needed to protect their organization's information systems against attack.

By the end of this training, participants will be able to:

- Understand information security at both the computer level, as well as the communications level.
- Prevent physical and digital access to private information systems.
- Prevent the modification of information that is stored, being processed, or being transmitted.
- Protect against denial of service to authorized users.
- Take the necessary measures to detect, document, and counter security threats.
- Ensure that organizational information is kept confidential.
28 時間
概要
The training takes the form of a workshop supplemented with substantive knowledge. Classes are based on the official CISA certificate framework. During the workshop, case studies will be discussed in discussing specific issues. Classes will be conducted in English (on request in Polish) based on the ISACA handbook in English.
An exam voucher of US $ 760 is included in the training. (ISACA Member: US $575).

CISA Exam Material Scope:

- Information System Auditing Process (21%)
- Governance and Management of IT (17%)
- Information Systems Acquisition, Development and implementation (12%)
- Information Systems Operation and Business Resilience (23%)
- Protection of Information Assets (27%)

Duration of the exam: 4 hours
Type: multiple choice test
Volume: 200 questions

List of the requirements that you must meet in order to be able to claim the CISA qualification:

- Pass the CISA exam. The CISA passing score is a mark of 450 or higher on the exam.
- Abide by the ISACA Code of Professional Ethics
- Promise to obey the CISA Continuing Professional Education Policy
- Gain at least 5 years of professional information systems auditing, control or security work experience.
- Comply with Information Systems Auditing Standards

If you’ve passed the exam and believe that you meet those requirements, then you can begin the application for certification: [here](https://www.isaca.org/credentialing/cisa/get-cisa-certified)
There is a fee of $50 for this application, and it can be paid: [on this link](http://www.isaca.org/cisapay)

There’s also a yearly fee that you must pay to maintain this certification after you’ve been granted it. The fee is $40 per annum for ISACA members, and $75 for non-members.
14 時間
概要
This instructor-led, live training in 日本 (online or onsite) is aimed at security engineers who wish to use IBM Qradar SIEM to address pressing security use cases.

By the end of this training, participants will be able to:

- Gain visibility into enterprise data across on-premise and cloud environments.
- Automate security intelligence to hunt threats and to contain risks.
- Detect, identify, and prioritize threats.

今後の情報システムセキュリティコース

週末情報システムセキュリティコース, 夜の情報システムセキュリティトレーニング, 情報システムセキュリティブートキャンプ, 情報システムセキュリティ インストラクターよる, 週末情報システムセキュリティトレーニング, 夜の情報システムセキュリティコース, 情報システムセキュリティ指導, 情報システムセキュリティインストラクター, 情報システムセキュリティレーナー, 情報システムセキュリティレーナーコース, 情報システムセキュリティクラス, 情報システムセキュリティオンサイト, 情報システムセキュリティプライベートコース, 情報システムセキュリティ1対1のトレーニング

コースプロモーション

コースディスカウントニュースレター

We respect the privacy of your email address. We will not pass on or sell your address to others.
You can always change your preferences or unsubscribe completely.

一部のお客様

is growing fast!

We are looking to expand our presence in Japan!

As a Country Manager you will:

  • manage business operations in Japan
  • develop a business development strategy
  • expand the team, promote the brand and widen our market share
  • take charge of Japan operations as country manager within the first year

Benefits:

  • work in an international team environment
  • exposure to modern and leading-edge technology
  • potential to develop the role as the business grows
  • chance to work in a flat, bureaucracy-free organizational hierarchy

If you are interested in running a high-tech, high-quality training and consulting business.

Apply now!

This site in other countries/regions