DevOpsのトレーニングコース

DevOpsのトレーニングコース

現地のインストラクターによるライブデベロッパートレーニングコースでは、ソフトウェア開発の最適化のためのツールとプロセスの選択、実装、管理方法を実践的に提供しています。 DevOpsトレーニングは、「オンサイトライブトレーニング」または「リモートライブトレーニング」として利用できます。現地でのトレーニングは、 NobleProg提携の企業研修センターで受講可能です。リモートライブトレーニングは、インタラクティブなリモートデスクトップを介して実行されます。

お客様の声

★★★★★
★★★★★

DevOpsコース概要

コース名
期間
概要
コース名
期間
概要
21 時間
概要
このトレーニングコースでは、コアDevOps概念と原則、および組織でDevOpsプラクティスを立ち上げる方法を紹介します。このトレーニングコースを修了すると、学生はDevOpsの価値提案について基本的に理解できます。また、 Puppet 、 Jenkinsなどを含む選択したDevOpsツールを使用した実務経験も得られます。このトレーニングコースは、参加者が学習資料の理論的知識を強化するのに役立つハンズオンラボで補完されます。 TOPICS DevOpsプラクティスとツールPuppetクラウドコンピューティングの技術紹介Jenkins
21 時間
概要
このコースは実用的な実装とツーリングに焦点を当てます。 DevOps原則を実装するための最新のツールと方法に焦点を当てているため、理論上の原則(DEVOPSコースを参照)に関する十分な知識があることを前提としています。
14 時間
概要
このコースは実用的な実装とツーリングに焦点を当てます。このコースはZabbixインストール、計画そして設定をカバーします
21 時間
概要
観客:

クラウドエンジニア、ソリューションアーキテクト、センターオブエクセレンスチーム、ウィンドウサーバー管理者、Unix / Linux管理者、ストレージ管理者、ネットワーク管理者、仮想化管理者

コースの目的:

このコースは、以下の方法を教えることを目的としています。

- DevOps方法論の背後にある主な概念と実践を使用する
- 1つ以上のDevOps開発プロジェクトをサポートするAWS上のインフラストラクチャを設計および実装する
- AWS CloudFormationとAWS OpsWorksを使用して、ソフトウェア開発プロジェクトの開発、テスト、および本番環境を作成するために必要なインフラストラクチャをデプロイする
- AWS CodeCommitを使用して、AWSでContinuous Integration環境を有効にするための一連のオプションを理解する
- AWS CodePipelineを使用してAWS上で継続的インテグレーションとデリバリーのパイプラインを設計および実装する
- ブルー/グリーン展開やA / Bテストなど、AWSテクノロジを使用した一般的なContinuous Deploymentのユースケースの実装
- AWSで利用可能な一連のアプリケーションデプロイテクノロジ(AWS CodeDeploy、AWS Opsworks、AWS Elastic Beanstalk、Amazon EC2コンテナサービス、およびAmazon EC2コンテナレジストリを含む)を区別し、特定のシナリオに最も適したテクノロジを決定します。
- 高パフォーマンスを実現するためにAWSで提供するアプリケーションを微調整し、潜在的な問題についてアプリケーションと環境を監視するためにAWSのツールとテクノロジを使用する
21 時間
概要
このトレーニングコースでは、コアDevOps概念と原則、および組織でDevOpsプラクティスを立ち上げる方法を紹介します。特に、 Javaプラットフォーム上のプロジェクトに焦点を当てています。このトレーニングコースを修了すると、学生はDevOpsの価値提案の基本的な理解が得られます。また、 Puppet 、 Jenkins 、Gitなどの一部のDevOpsツールを使用した実務経験も得られます。このトレーニングコースは、参加者が学習資料の理論的知識を強化するのに役立つハンズオンラボで補完されます。

トピック:

- DevOpsプラクティスとツール
- Puppet
- クラウドコンピューティングの技術紹介
- Jenkins
7 時間
概要
DevOpsは、アプリケーション開発とIT運用を連携させるソフトウェア開発アプローチです。 DevOpsをサポートするために登場したツールには、自動化ツール、コンテナー化、オーケストレーションプラットフォームなどがあります。セキュリティはこれらの動きに追いついていません。

この講師主導のライブコースでは、参加者はDevOpsセキュリティの課題に対処するための適切なセキュリティ戦略の策定方法を学びます。

コースの形式

- インタラクティブな講演と討論
- たくさんの練習と練習。
- ライブラボ環境での実践的な実装。

コースのカスタマイズオプション

- このコースのためのカスタマイズされたトレーニングを要求するには、手配するために私達に連絡してください。
14 時間
概要
2 日間、実践的な DevOps コース
14 時間
概要
DevOpsは、サービスライフサイクルにおけるIT運用とソフトウェア開発のコラボレーションです。 DevSecOpsは、 DevOpsプロセス内でのセキュリティプラクティスの実装です。 DevSecOpsは、絶え間なく変化するシステムを大規模に保護および進化させるために使用されるプラクティスです。

このインストラクター主導のライブトレーニング(オンサイトまたはリモート)は、DevSecOpsプログラムでDevOpsプロセスを保護したいDevOpsを対象としています。

このトレーニングの終わりまでに、参加者は次のことができるようになります。

- DevSecOpsプログラムがセキュリティをソフトウェア開発パイプラインに統合する方法を理解します。
- 安全な継続的配信パイプラインを構築します。
- ソフトウェア配信ワークフローのセキュリティテストを自動化します。

コースの形式

- インタラクティブな講義とディスカッション。
- たくさんの練習と練習。
- ライブラボ環境での実践的な実装。

コースのカスタマイズオプション

- このコースのカスタマイズされたトレーニングをリクエストするには、お問い合わせください。
14 時間
概要
This instructor-led, live training in 日本 (online or onsite) is aimed at DevOps engineers and web developers who wish to build and deploy web applications with TeamCity.

By the end of this training, participants will be able to:

- Implement a scalable and efficient CI/CD system with TeamCity.
- Automate version control database schema with Git repositories.
- Build CI pipelines for .NET platforms.
- Save time by setting up a project template.
14 時間
概要
This instructor-led, live training in 日本 (online or onsite) is aimed at DevOps engineers who wish to automate code and code deployment with Atlassian Bamboo.

By the end of this training, participants will be able to:

- Employ a CI/CD system.
- Supply application configuration files for targeted environments.
- Build and package code with Atlassian Bamboo.
14 時間
概要
This instructor-led, live training in 日本 (online or onsite) is aimed at DevOps engineers who wish to automate IT infrastructure with Ansible and Puppet.

By the end of this training, participants will be able to:

- Configure and manage IT infrastructure.
- Build a pipeline for effective code deployment.
- Implement self-service infrastructure and application delivery.
21 時間
概要
This instructor-led, live training in 日本 (online or onsite) is aimed at engineers who wish to deploy software applications to any of a number of environments, from traditional infrastructure, to Kubernetes clusters or serverless functions.

By the end of this training, participants will be able to:

- Install and configure Pulumi.
- Declare cloud infrastructure using programming languages.
- Use Pulumi to deploy software using VMs, networks, and databases, as well as Kubernetes clusters and serverless functions.
- Deploy software to public, private, and hybrid cloud service infrastructures.
35 時間
概要
This instructor-led, live training in 日本 (online or onsite) is aimed at engineers who wish to evaluate the approaches and tools available today to make an intelligent decision on the path forward in adopting MLOps within their organization.

By the end of this training, participants will be able to:

- Install and configure various MLOps frameworks and tools.
- Assemble the right kind of team with the right skills for constructing and supporting an MLOps system.
- Prepare, validate and version data for use by ML models.
- Understand the components of an ML Pipeline and the tools needed to build one.
- Experiment with different machine learning frameworks and servers for deploying to production.
- Operationalize the entire Machine Learning process so that it's reproduceable and maintainable.
35 時間
概要
This instructor-led, live training in 日本 (online or onsite) is aimed at DevOps engineers, developers, and SysOps administrators who wish to employ the Red Hat Ansible Automation Platform for executing software development functions and orchestrating advanced IT processes.

Furthermore, they can demonstrate and hone Ansible practices that are advantageous to specific enterprise applications, all the while efficiently collaborating with their respective teams for the accomplishment of complex business functionalities.

By the end of this training, participants will be able to:

- Install and configure Red Hat Ansible Automation Platform within the preferred environment.
- Familiarize with advanced Ansible features for centralizing and managing projects.
- Utilize automation tools and higher-level resources of Red Hat Ansible to achieve CI/CD approach.
- Perform administrative methods for better collaboration of larger teams.
- Enhance DevOps tasks execution within the organization and optimize existing ones.
- Integrate Ansible Automation Platform with other Red Hat distributions to maximize productivity.
14 時間
概要
This instructor-led, live training in 日本 (online or onsite) is aimed at DevOps engineers, developers, and project managers who wish to utilize Red Hat Ansible Tower to optimize enterprise application development processes and orchestrate better business environments.

By the end of this training, participants will be able to:

- Setup Red Hat Ansible Tower and configure other necessary Ansible automation tools.
- Execute and manage Ansible projects using the centralized Ansible Tower system.
- Operate the Red Hat Ansible Tower web interface and integrate it with external platforms.
- Leverage Ansible Tower resources and features to attain a dynamic and effective organization.
21 時間
概要
This instructor-led, live training in 日本 (online or onsite) is aimed at DevOps engineers, developers, and project managers who wish to efficiently execute preprogrammed functions and administer software development workflows using the powerful RESTful API of Ansible AWX.

By the end of this training, participants will be able to:

- Install and configure Ansible AWX on their preferred software development environment.
- Understand the DevOps principles and concepts foundational to Ansible AWX.
- Utilize AWX's automation tools to enhance workflows and facilitate DevOps processes.
- Integrate AWX with external resources to leverage its features and collaborate with teams.
35 時間
概要
This instructor-led, live training in 日本 (online or onsite) is aimed at DevOps engineers, developers, and SysOps administrators who wish to maximize the tools and features made available through the Ansible project for the advancement of organizational IT infrastructures and processes.

Simultaneously, they can utilize the opportunity to carry out complex Ansible implementations for large-scale applications while employing its open-sourced tower for optimized DevOps management and collaboration functions.

By the end of this training, participants will be able to:

- Install and configure Ansible along with other open-source tools and resources.
- Establish a centralized system for DevOps management using Ansible project features.
- Operate automation tools and advanced resources of Ansible to achieve CI/CD approach.
- Execute better SysOps methods using Ansible's collaborative features for management of larger teams.
- Enhance DevOps tasks execution within the organization and optimize existing ones.
- Integrate Ansible with external platforms and leverage other Ansible tools for the organization's advantage.
21 時間
概要
This instructor-led, live training in 日本 (online or onsite) is aimed at developers and DevOps engineers who wish to learn and operate KOps for simplifying the process of continuous delivery and testing of containerized Kubernetes applications.

By the end of this training, participants will be able to:

- Setup and configure KOps along with other necessary Kubernetes tools for cloud-native development.
- Understand KOps concepts that are foundational to DevOps practice.
- Execute automated commands and generate file configurations.
- Build automatic provisioning functions for Kubernetes masters and clusters.
- Create manifests written in any supported Kubernetes syntax for API and component configuration.
- Integrate KOps with any preferred cloud environment while implementing HA principles.
- Generate better orchestration methods for handling Kubernetes clusters and projects.
14 時間
概要
Kubernetes is an open-source platform for automating all development stages of containerized applications. Design patterns are iterable solutions to software development problems pertinent to software design. Kubernetes extensions are utilized for configuring and supporting Kubernetes clusters. With the help of Kubernetes design patterns and extensions, users of the platform can achieve CI/CD approaches while maintaining scalability and flexibility of software applications.

This instructor-led, live training (online or onsite) is aimed at developers and DevOps engineers who wish to leverage Kubernetes design patterns and extensions to create enterprise applications on Kubernetes clusters.

By the end of this training, participants will be able to:

- Set up a Kubernetes cluster and configure the necessary DevOps tools.
- Understand the fundamentals of software design patterns and Kubernetes extensions.
- Utilize Kubernetes extensions and design patterns when interacting with Kubernetes API.
- Develop customized Kubernetes resources and apply dynamic controllers to a cluster.
- Manage and secure any Kubernetes environment with the help of Kubernetes plugins.
- Integrate DevOps networking models to existing and prospective Kubernetes projects.

Format of the Course

- Interactive lecture and discussion.
- Lots of exercises and practice.
- Hands-on implementation in a live-lab environment.

Course Customization Options

- To request a customized training for this course, please contact us to arrange.
7 時間
概要
This instructor-led, live training in 日本 (online or onsite) is aimed at DevOps engineers and developers who wish to use CodePipeline to automate release pipelines for efficient updating of applications and infrastructures.

By the end of this training, participants will be able to use CodePipeline features and tools to automate and configure workflows in software release workflows.
14 時間
概要
トレーニングは、開発者、 Scrumマスター、プロダクトオーナー、およびビジネス部門の一部に公開されています。トレーニングの目的は、トピック「品質保証と継続的インテグレーション」と、アジャイル手法を実施したプロジェクトでの位置付けを紹介することです。参加者は、QA / CIに沿ったソフトウェア開発のツールとプロセスに関する実践的な知識だけでなく、議論されている問題について幅広い視点を得ることができます。ビジネスの代表者は、これらのツールとプロセスを実装する利点を理解し、ソフトウェア開発の時間とコストの両方に変換できます。提示される問題は、顧客の要件に応じて、 PHPまたはJava基づいています。
28 時間
概要
Agile Software Testingは、アジャイル開発の原則に従って、タイムリーかつ継続的な方法でソフトウェア品質の問題に対価を支払う一連のテスト方法です。

Continuous Integration (CI)とは、チーム内のすべての開発者が1日に数回作業をマージすることです。
7 時間
概要
トラヴィス CI は、GitHub でホストされているソフトウェアプロジェクトのビルドとテストに使用する、ホスト型の分散継続的インテグレーションサービスです。それはジェンキンスにホストされた代替です.

この講師主導のライブトレーニングでは、トラヴィス CI を使用してサンプル web アプリケーションを構築およびデプロイする際の、継続的インテグレーションに対するクラウドベースのアプローチを学習します。

このトレーニングの最後までに、参加者は次のことができるようになります。

- GitHub
でホストされているプロジェクトのビルドとテスト - を使用して別のホスティングプロバイダーにアプリケーションをデプロイする
- は、GitHub にコミットしたときに自動的にソフトウェアをチェックするためにトラビス CI を使用し
- は、異なるマシン、オペレーティングシステム、およびソフトウェアバージョンで自動テストを実行し
- は、サードパーティ製のツール
とトラビス CI を統合します。

コースの形式

- パートレクチャー、パートディスカッション、演習、ヘビーハンズオン練習
21 時間
概要
OpenShift コンテナプラットフォームは、企業に港湾労働者と Kubernetes を展開するためのコンテナアプリケーションプラットフォームです。それは赤い帽子によって維持される。

このインストラクター主導のライブトレーニングでは、参加者は OpenShift コンテナプラットフォームを使用してアプリケーションを作成、更新、および保守する方法を学習します。

このトレーニングの終わりまでに、参加者は次のことができるようになります:

- は、ソフトウェアの配信パイプラインの一部を自動化し
- 既存の Java EE アプリケーションのユーザーストーリーを実装する
- アプリケーションを OpenShift インスタンスにデプロイする
- は、DevOps 哲学の原則を適用し、アプリケーションの継続的な配信を可能にする

観客

- 開発者
コース の

形式

- 部講義、パート討論、演習と重い実地練習
7 時間
概要
Continuous Integration (CI)は、開発者が自分のコードの変更をできるだけ頻繁にマージしてエラーを迅速に検出して突き止める開発手法です。 Codeshipは、クラウドでContinuous Integrationサービスを提供するプラットフォームです。

このインストラクター主導のライブトレーニングでは、参加者は、Codeshipで単純な継続的インテグレーションプロセスを設定するときに、継続的インテグレーションの基礎を学びます。

このトレーニングの終わりまでに、参加者は次のことができるようになります。

- 継続的インテグレーションの基本を理解する
- Codeshipの重要な機能を操作する
- Codeshipを使用して簡単なCIプロセスを設定する

観客

- 開発者
- ITプロフェッショナル
- DevOpsエンジニア
- Businessマネージャ

コースの形式

- パートレクチャー、パートディスカッション、エクササイズ、そして激しい実習
7 時間
概要
Continuous Deliveryは、開発者が新しい変更を迅速かつ持続的にユーザーにリリースする開発方法です。 Go CDは、ソフトウェア開発における継続的な提供を実現するために使用されるオープンソースツールです。

このインストラクター主導のライブトレーニングでは、参加者はGo CDのCDパイプラインの設定と構成を順を追って進めることで、Continuous Delivery(CD)の基礎を学びます。

このトレーニングの終わりまでに、参加者は次のことができるようになります。

- 連続配信の基本を理解する
- Go CDを使ってCDプロセスとパイプラインを設定する
- ニーズに合わせてGo CDを設定

観客

- 開発者
- ITプロフェッショナル
- DevOpsエンジニア
- Businessマネージャ

コースの形式

- パートレクチャー、パートディスカッション、エクササイズ、そして激しい実習
14 時間
概要
Continuous Integration (CI)は、開発者が自分のコードの変更をできるだけ頻繁にマージしてエラーを迅速に検出して突き止める開発手法です。

この講師主導のライブトレーニングでは、参加者は、 Java Scriptプロジェクトの継続的インテグレーションプロセスの設定を順を追って進めることで、 Java Scriptの継続的インテグレーションの基本を学びます。

このトレーニングの終わりまでに、参加者は次のことができるようになります。

- 継続的インテグレーションの基本を理解する
- Javaスクリプトプロジェクト用に独自のContinuous Integrationシステムを構築する

観客

- 開発者
- ITプロフェッショナル
- DevOpsエンジニア
- Businessマネージャ

コースの形式

- パートレクチャー、パートディスカッション、エクササイズ、そして激しい実習
14 時間
概要
開発者がコードを書き終えると、コードをアプリケーションに統合し、アプリケーションをフォルダーにコピーし、アプリケーションインストーラーを実行して、アプリケーションを初期化して、期待どおりに動作するかどうかを確認します。このマニュアルのアプローチは、非常によく、退屈な、非常にエラーが発生しやすいスケーリングされず、プロセス中に変更を追跡するためのメカニズムを提供していません。

は、継続的インテグレーションを使用してプロセスを自動化することをお勧めします。継続的インテグレーションとは、ソフトウェアアプリケーションの構築、展開、およびテストを自動化するために必要なプロセス、ツール、およびインフラストラクチャを指します。

このインストラクター主導の、ライブトレーニング (オンサイトまたはリモート) では、参加者は、従来のマニュアル (またはセミマニュアル) のアプローチを、ソフトウェアの展開を、ジェンキンスを使用してアジャイル、継続的インテグレーション (CI) のいずれかに変換する方法を学習します。参加者は、様々なソフトウェア開発と展開の問題に方法のすべてのステップに彼らの新しい知識を適用して、コース全体で実践的な、ライブラボの演習のシリーズを実行します。インストラクターと参加者の間の交流が奨励されています。現実世界のケースについて説明し、特定の問題や質問に対処し、トレーニング全体を解決します。このトレーニングは、特に .net アプリケーション開発に重点を置いています。 このトレーニングの終わりまでに、参加者は次のことができるようになります:

- .net アプリケーション開発
のためのジェンキンスのインストールと構成 - を使用して、.net ソースコードをチェックインし、コードリポジトリにマージするプロセスを自動化します
- を使用して、ダウンロード、コンパイル、およびリリースサーバーへのアプリケーションの展開のプロセスを自動化するためにジェンキンス
- は、そのような問題トラッカーと
などの他のソフトウェア開発ツールとジェンキンスを統合する

観客

- .net 開発者
- ビルドエンジニア
- QA エンジニア
- プロジェクトマネージャー
- リリースマネージャ
- DevOps エンジニア
コース の

形式

- 部講義、パート討論、演習と重い実地練習

ノート

- このコースのためのカスタマイズされた訓練を要求するために、整理するために私達に連絡しなさい。
14 時間
概要
このインストラクター主導のライブ・トレーニング (オンサイトまたはリモート) は、オープン・ソース・ツールを使用して、PHP アプリケーションとサービスの構築、テスト、デプロイのプロセスを自動化したいエンジニアを対象としています。

このトレーニングの最後までに、参加者は次のことができるようになります。

- は、さまざまなオープンソースツールをインストールして構成し、継続的インテグレーション、テスト、および展開を可能にします。
- は、Gitlab CI や Jenkins などの CI ツールの長所と短所を理解しています。
- は、CI ツールとユニットおよび統合テスト・ツールを組み合わせたものです。

コースの形式

- インタラクティブな講義と討論。
- 多くの演習と練習.
- は、ライブラボ環境での実践的な実装を実現します。

コースのカスタマイズオプション

- このコースのためのカスタマイズされたトレーニングをリクエストするには、手配するために私達に連絡してください。
21 時間
概要
This instructor-led, live training in 日本 (online or onsite) is aimed at DevOps engineers who wish to set up, deploy and manage a Git-based software deployment workflow for their Kubernetes applications.

By the end of this training, participants will be able to:

- Install and configure Spinnaker and Terraform.
- Understand the benefits of GitOps over traditional CI/CD and Infrastructure-as-Code (IAC).
- Move away from maintaining scripts. Configure and execute well-defined deployment process.
- Apply best practices for cloud-native deployment, management, and monitoring.
- Recover deployments from partial failures without manual intervention.
- Create a GitOps strategy for application development.
週末DevOpsコース, 夜のDevOpsトレーニング, DevOpsブートキャンプ, DevOps インストラクターよる, 週末DevOpsトレーニング, 夜のDevOpsコース, DevOps指導, DevOpsインストラクター, DevOpsレーナー, DevOpsレーナーコース, DevOpsクラス, DevOpsオンサイト, DevOpsプライベートコース, DevOps1対1のトレーニング

コースプロモーション

コースディスカウントニュースレター

We respect the privacy of your email address. We will not pass on or sell your address to others.
You can always change your preferences or unsubscribe completely.

一部のお客様

is growing fast!

We are looking to expand our presence in Japan!

As a Country Manager you will:

  • manage business operations in Japan
  • develop a business development strategy
  • expand the team, promote the brand and widen our market share
  • take charge of Japan operations as country manager within the first year

Benefits:

  • work in an international team environment
  • exposure to modern and leading-edge technology
  • potential to develop the role as the business grows
  • chance to work in a flat, bureaucracy-free organizational hierarchy

If you are interested in running a high-tech, high-quality training and consulting business.

Apply now!

This site in other countries/regions