コミュニケーションのトレーニングコース | Communicationのトレーニングコース

コミュニケーションのトレーニングコース

地元のインストラクター主導のライブコミュニケーショントレーニングコース日本 。

Machine Translated

お客様の声

★★★★★
★★★★★

コミュニケーションサブカテゴリ

コミュニケーションコース概要

コース名
期間
概要
コース名
期間
概要
14 時間
Audience

Staff who need to be fully aware of the issues surrounding Communicating and Influencing:

- Their colleagues
- Their bosses
- Their internal and external customers and stakeholders

Format of the course

The course will be a highly-interactive combination of:

- Facilitated Discussions
- Slide Presentations
- Exercises and
- Case Studies

By the end of the course, delegates will be able to:

- Appreciate the need to manage their own behaviour before they can influence others’ behaviour
- Understand the strengths and weaknesses of the various communications media available
- Manage their internal and external customers and stakeholders
14 時間
観客

コミュニケーションと影響を取り巻く問題を十分に認識する必要があるスタッフ:

- 彼らの同僚
- 彼らの上司
- 社内外の顧客およびステークホルダー

コースの形式

コースは非常にインタラクティブな組み合わせになります。

- 促進された議論
- スライドプレゼンテーション
- 演習とケーススタディ

コース終了までに、参加者は以下のことができるようになります。

- 他人の行動に影響を与える前に自分の行動を管理する必要性を高く評価する
- 利用可能なさまざまな通信媒体の長所と短所を理解する
- 社内外の顧客およびステークホルダーを管理する
- オフィスで遭遇する可能性がある困難な状況に対処する方法を説明する
21 時間
観客

以下の人事およびチームManagementを取り巻く問題を十分に認識する必要があるスタッフ。

- 彼ら自身
- 彼らの同僚(仲間)
- 彼らの上司
- 彼らのチームメンバー
- 社内外の顧客およびステークホルダー

コースの形式

コースは非常にインタラクティブな組み合わせになります。

- 促進された議論
- スライドプレゼンテーション
- 演習と
- ケーススタディ

コース終了までに、参加者は以下のことができるようになります。

- 他人の行動に影響を与える前に自分の行動を管理する必要性を高く評価する
- 利用可能なさまざまな通信媒体の長所と短所を理解する
- チームメンバーの管理、やる気を引き出す方法を理解する
- 社内外の顧客およびステークホルダーを管理する
- オフィスで遭遇する可能性がある困難な状況に対処する方法を説明する
21 時間
観客

- 以下の事項に影響を与えたり衝突を回避したりすることに関する問題を十分に認識している必要があるスタッフ。

- 彼らの同僚
- 彼らの上司
- 社内外の顧客およびステークホルダー

コースの目的

コース終了までに、参加者は以下のことができるようになります。

- 他人の行動に影響を与える前に自分の行動を管理する必要性を高く評価する
- 利用可能なさまざまな通信媒体の長所と短所を理解する
- 社内外の顧客およびステークホルダーを管理する

フォーマット

コースは非常にインタラクティブな組み合わせになります。

- 促進された議論
- スライドプレゼンテーション
- 演習と
- ケーススタディ
35 時間
Communicationスキルはプロとしての成功に不可欠であると長い間認識されており、多くのキャリアはコミュニケーションスキルの欠如のために失速、衰え、または停滞してきました。都会の神話とは反対に、私たちの中にはこのスキルを持って生まれた人はほとんどいません。このコースは、受講者がコミュニケーションスキルを向上させ、その結果、他のユーザーと仕事をする能力を向上させることを目的としています。

メディエーションスキルは微妙ですが意味的に異なります。 Excel貸し出しのコミュニケーションは前提条件ですが、もっと重要なのは、聞いていることと言っていることをメモすることです。調停人の役割は、当事者が自分たちの問題の解決策を見つけ、両当事者が受け入れることができるという結果に到達するのを助けることです。調停人は、意見を述べたり、判断を下したり、助言を与えたりすることを避けます。彼らは単に効果的なコミュニケーションを発展させ、当事者間で合意を構築する責任があります。このコースでは、コミュニケーションに加えて、効果的なメディエータになるために必要とされる幅広いスキルもカバーします。
14 時間
This instructor-led, live training in 日本 (online or onsite) is aimed at persons working in an international business environment who wish to quickly improve their listening, speaking and writing skills to be more effective leaders and team members.

By the end of this training, participants will be able to:

- Learn tools and tactics to quickly expand their workplace English vocabulary.
- Focus on only the relevant parts of the English language needed to be more effective at work.
- Gain confidence in their ability to communicate with authority by phone, email and in meetings.
- Practice techniques to influence and persuade customers, managers, and peers.
- Apply a systematic approach to continue improving their Business English skills after the training.
7 時間
チームで働くことは、コミュニケーション、チームワーク、効率性の課題を伴います。 これらの課題を克服するためのテクニックは複雑ではありませんが、実際の生活でそれらを実施するにはコミットメントと実践が必要です。

このインストラクター指導、ライブトレーニング(オンラインまたはオンライン)は、チームリーダーやチームメンバーがコミュニケーション、協力、お互いとの関係を改善したい方法に向けられています。 一連の実践に従って、チームはこれらのスキルを向上させ、より生産的な仕事とより幸せな労働生活につながることができます。

このトレーニングの終了後、参加者は:

彼らがどのようにコミュニケーションし、仕事で他の人に反応するかに関する一般的な問題を特定し、解決します。 チームとして実行される仕事の効率を向上させる。 個人が理解し、チームの集団的なニーズをより良く管理し、その努力を指導する。 感情的知能の意味と重要性を指標として理解し、仕事における人間関係の改善のためのガイドとして理解する。

コースの形式

インタラクティブな講義と議論 たくさんの練習や実践。 ライブラボ環境でのハンドオン実装

コースカスタマイズオプション

このコースのためのカスタマイズされたトレーニングを要求するには、私たちに連絡して整理してください。
7 時間
観客

以下のことを感じているマネージャー、チームリーダー、スタッフ

- 彼らはあまりにも多くの会議に出席しています
- 彼らの時間は他の人々によって「盗まれて」います
- 計画、見通し、優先順位の欠如のために、彼らは彼らの一日の仕事の底に到達することはできません

コースの形式

コースは非常にインタラクティブな組み合わせになります。

- 促進された議論
- スライドプレゼンテーション
- 演習とケーススタディ

コース終了までに、参加者は以下のことができるようになります。

- 会議を効果的に管理する必要性を理解する - 会議に招待する人の時間的プレッシャーを尊重する
- 会議の電話をかけ、管理し、アウトプットを準備するための標準的なプロセスに従う
- 自分自身と自分の時間をより効率的に管理する方法のいくつかをもっと広く評価します。
7 時間
This instructor-led, live training in 日本 (online or onsite) is aimed at trainers, consultants, leaders and communicators in any fields who wish to apply the Art of Hosting methods to facilitate online meetings more effectively on different virtual platforms (Zoom, Google Meet, Slack, etc.)

By the end of this training, participants will be able to:

- Understand the concepts, methods, and mindset behind Art of Hosting or Participatory Leadership.
- Learn how to facilitate effective online meetings for remote participants by applying the Art of Hosting techniques.
- Create a safe and engaging virtual environment for Art of Hosting by setting the right tone and mindset.
- Manage the online Art of Hosting sessions more efficiently by choosing a suitable platform and getting comfortable with the technology.
- Keep participants engaged by stimulating online conversations through interactive tools (live chat, whiteboard, breakout rooms, etc.)
- Build deeper connections with participants and other practitioners in order to learn collectively and gain valuable insights.

Last Updated:

今後のコミュニケーションコース

週末コミュニケーションコース, 夜のコミュニケーショントレーニング, コミュニケーションブートキャンプ, コミュニケーション インストラクターよる, 週末コミュニケーショントレーニング, 夜のコミュニケーションコース, コミュニケーション指導, コミュニケーションインストラクター, コミュニケーションレーナー, コミュニケーションレーナーコース, コミュニケーションクラス, コミュニケーションオンサイト, コミュニケーションプライベートコース, コミュニケーション1対1のトレーニング週末Communicationコース, 夜のCommunicationトレーニング, Communicationブートキャンプ, Communication インストラクターよる, 週末Communicationトレーニング, 夜のCommunicationコース, Communication指導, Communicationインストラクター, Communicationレーナー, Communicationレーナーコース, Communicationクラス, Communicationオンサイト, Communicationプライベートコース, Communication1対1のトレーニング

コースプロモーション

コースディスカウントニュースレター

We respect the privacy of your email address. We will not pass on or sell your address to others.
You can always change your preferences or unsubscribe completely.

一部のお客様

is growing fast!

We are looking to expand our presence in Japan!

As a Country Manager you will:

  • manage business operations in Japan
  • develop a business development strategy
  • expand the team, promote the brand and widen our market share
  • take charge of Japan operations as country manager within the first year

Benefits:

  • work in an international team environment
  • exposure to modern and leading-edge technology
  • potential to develop the role as the business grows
  • chance to work in a flat, bureaucracy-free organizational hierarchy

If you are interested in running a high-tech, high-quality training and consulting business.

Apply now!

This site in other countries/regions