管理のトレーニングコース | Managementのトレーニングコース

管理のトレーニングコース

現地のインストラクター主導のライブマネジメントトレーニングコースです。

お客様の声

★★★★★
★★★★★

管理コース概要

コース名
期間
概要
コース名
期間
概要
7 時間
概要
観客

スタッフの管理および育成を取り巻く問題を完全に認識する必要があるマネージャおよびチームリーダー(直接および間接の報告)

コースの形式

コースは非常にインタラクティブな組み合わせになります。

- 促進された議論
- スライドプレゼンテーション
- 演習とケーススタディ

コース終了までに、参加者は以下のことができるようになります。

- 管理とリードに必要なさまざまなスキルを理解する
- 最も効果的な方法でチームを育成する
- 組織内での変更を実現するための最善の方法を説明する
- スタッフの業績をより良く管理する
- 好みの解決策をうまく交渉する
- オフィスで遭遇する可能性がある困難な状況に対処する方法を説明する
14 時間
概要
最高技術責任者(CTO)は、企業のすべての技術関連の問題を担当する人です。

このインストラクター主導のライブトレーニング(オンサイトまたはリモート)は、現在のCTO、および効果的なCTOになるために必要な技術的および管理的観点を獲得したいテクニカルディレクターまたはテクニカルマネージャーなどの今後のCTOを対象としています。

このトレーニングの終わりまでに、参加者は次のことができるようになります。

- 活気に満ちた革新的な技術チームを雇い、率いてください。
- 優れた製品の開発に必要なテクノロジーを効果的に採用および管理します。
- 製品とプロジェクトを管理するための有用なテクニックと戦略を適用します。
- 会社のビジネスを拡大し、正しい方向に動かします。

コースの形式

- インタラクティブな講義とディスカッション。
- たくさんの練習と練習。
- ライブラボ環境での実践的な実装。

コースのカスタマイズオプション

- このコースのカスタマイズされたトレーニングをリクエストするには、お問い合わせください。
7 時間
概要
This instructor-led, live training in 日本 (online or onsite) is aimed at managers and executives who wish to implement the right tools, skills, and methodologies to manage remote teams.

By the end of this training, participants will be able to:

- Explore remote leadership, structures, and components to successfully adapt a remote work setup.
- Develop trust, goals, culture, and teamwork to create an effective and productive remote team.
- Use existing tools and technologies to improve virtual communication and collaboration.
- Implement goal setting and project management methods to measure the performance of a remote team.
7 時間
概要
参加者プロフィール

CxO、オペレーションマネージャー、 Enterprise Architect 、 Businessおよびシステムアナリストとデザイナー

目的

この紹介セミナーでは、デジタルビジネスモデル、ビジネスおよびエンタープライズアーキテクチャのフレームワークの概要と、デジタル時代の混乱に直面するビジネスの俊敏性を高めるために組織が注力している方法論について説明します。

特に、このセミナーの目的は、デジタルビジネスモデルとITシステムアーキテクチャを変化する競争環境に合わせるために世界中で使用されているフレームワークとリファレンスアーキテクチャを理解することです。
14 時間
概要
目的:

Businessアナリストが、ターゲットアーキテクチャと変化する市場ニーズに基づいて、組織のビジネスの敏捷性を高めるために、ビジネスプロセスとリソースを効率的にモデル化および検証する方法を理解するのに役立ちます。

この2日間のトレーニングコースは、ターゲットアーキテクチャの一部として目標、戦略、および影響を受ける能力の変化に適応するために、受講者がビジネスプロセスとリソースをモデル化する方法を学ぶのを支援することを目的としています。ビジネスパフォーマンスの重要な要素(戦略、戦術、KPI、ビジネス能力など)に基づいて、参加者はそこでビジョン中心のビジネスプロセスとリソース地図作成を詳しく説明する方法を学びます。それから、彼らは彼らの言語に適応した適切なBPM NとUML記法を使用することだけで、変化する戦略、戦術と方針に彼らを適応させる方法を理解します。
14 時間
概要
Audience:

This course is designed for all staff requiring a wider view of the Change Process to get the best results for their part of the business

Format of the course

A combination of:

- Facilitated Discussions
- Slide Presentations
- Exercises and Case Studies

At the end of this course, attendees will be able to:

- Explain the basic Change Strategies that underpin the planning for change in an organisation
- Understand the use and application of the 9 Change Principles
- Construct a Change Plan suitable to their part of the business
14 時間
概要
Kanban Management Professional 1(KMP1)は、 Lean Kanban University(LKU)によって認定された、非常にインタラクティブな2日間のコースです。かんばん方式は、個人、チーム、および組織が顧客への製品およびサービスの提供を管理および改善するのにどのように役立つかを示すために、指導、グループディスカッション、および完全没入型シミュレーションを組み合わせたものです。

かんばん法は、進化的変化を成功させるための実用的で実用的な証拠に基づくガイダンスを提供します。それはあなたが今していることから始まり、現在の役割、責任、そして役職を尊重しながら、そしてあらゆるレベルでのリーダーシップを奨励しながら、進化の変化を追求します。これにより、組織はビジネスプロセスを徐々に進化させ、進捗状況を測定するために関連するメトリックを定義して使用し、複雑な変更プログラムに関連するリスクを大幅に減らすことができます。

かんばんの原則と一般的な慣行、そして組織に自信を持ってかんばんを適用できるようになるためのスキルを身につけて、このコースを終了します。

あなたは何を学びますか?
- 内部および外部の不満の原因を特定する
- 需要対能力の分析
- 知識発見プロセスのモデル化
- デザインかんばんシステムとその可視化
- 改善点の特定と優先順位付け
- 活動のための調子を選ぶ
- サービスクラスの識別

何がもらえますか?
教材(プリント&電子)
David J. Andersonによる「かんばん - あなたのテクノロジーBusinessための成功した進化的変化」のElectronコピー
Leanカンバン大学(LKU)の会員
Leanカンバン大学(LKU)修了証明書

このコースは誰のためのものですか?
製品開発またはナレッジワークに関わっている人。これには以下が含まれますが、これらに限定されません。
プログラムマネージャとデリバリーマネージャ
製品およびプロジェクト管理者
製品開発者、ソフトウェア開発者およびテスター
運営や支援に携わる人々
Businessアナリスト
高度な管理
自分の組織にAgileを実装することに興味がある人
7 時間
概要
誰が出席すべきか:

この基本的なコンセプトを正しい方法で確実に開始したいLeanおよびチェンジエージェント、運用リーダー、および専門家

このトレーニングコースは、製造業などのすべての分野の専門家向けに作成されています。アカデミックな目的ではなく、生産施設で5Sを実装する方法について実用的なアドバイスを提供します

このコースは、5Sが正しい方法で導入されていることを確認したいリーダーや変革のためのエージェントを対象としています。

各コースメンバーは、5Sが機能することを実証するために、多くの演習を通じて実地体験をする機会があります。

トレーニングを完了すると、次のことを行います。

- 方法を理解する  5Sが機能し、効率が10〜30%向上します
- 廃棄物の発生源を特定し、収益性を改善できる
- 5段階のプロセスの理由を理解し、それを実装する方法を知っている
- 生産プロセスを改善するためのツールと手順がある
- 5Sを職場に導入するための具体的な計画を策定する

職場の効率性を改善し、より多くの注文を獲得し、安全性を向上させながら顧客を満足させることを考えている場合、このコースを受講しないわけにはいきません
7 時間
概要
に出席する必要があります: マネージャは、5s を実装することによって生産性の向上に興味を持って、彼らはこの重要な概念を正しい方法を開始していることを確認したい。

このトレーニングコースは、すべての部門からの専門家のために作成されています。それは歯科医院、実験室、オフィス等に合わせることができる。これは、学術目的のために設計されていませんが、実用的なアドバイスをどのように 5s

を実装する

コースは、彼らが正しい方法5s を導入していることを確認したい変更のための指導者やエージェントを目指しています。

各コースのメンバーは、5s の作品を示すために多くの演習を通じて経験を手に入れる機会を持つことになります

トレーニングを完了すると、次のようになります。

- は 5s のしくみを理解し、効率を 10 ~ 30% 向上させる
- は、廃棄物の発生源を indentify し、収益性を向上させることができる
- は、5つのステッププロセスの理由を理解し、それを実装する方法を知っている
- は プロセスを改善するためのツールと手順を持って
- あなたの職場に5s を導入する具体的な計画を開発する

安全を改善しながら、より多くの注文を獲得し、顧客を満足させる、職場の効率性を向上させることを考えているなら、あなたはこのコースを取ることができない余裕はありません
7 時間
概要
組織でアジャイルを実装することに苦労していますか。変更は規範的すぎますか?あなたのチームは負荷と生産性が低いですが、それでも革命的な変化のために耐性がありますか?

は、"敏捷性への代替パス" を選択し、あなたのプロセスを変更しないが、それを改善する進化と人道的な変更管理方法を実装します。

かんばん方法は、実用的で実用的な証拠ベースのガイダンスを提供し、進化の成功を導きます。それはあなたが今何をしてから始まり、現在の役割、責任、役職を尊重します。これにより、組織は徐々にビジネスプロセスを進化させ、関連するメトリックスを定義して使用して進捗を測定し、複雑な変更プログラムに関連するリスクを大幅に削減できます。

チームが圧倒される場合は、かんばんを使用して作業を管理できます。かんばんは、プロセスを動的に管理し、ボトルネックを明らかにするための新しい手法です。

このトレーニングでは、作業にかんばんを適用するために必要なスキルと知識を提供し、これから作業する対象を決定する方法、後で何を残すか、いつまでにリストをオフにするかを学ぶことができます。

学習成果

の参加者は、かんばん方法に慣れる必要があります。彼らは基本的なかんばんボードを設計し、実装することができる必要があります。作業項目の種類と、特定の作業項目に関連付けられているリスクを理解できる必要があります。さまざまなチームかんばんのデザインやスタイルに精通し、コンテキストに最適なデザインを選択する方法を知っている必要があります。トレーニングのロードマップと、「敏捷性への代替パス」の各ステップで得られる価値とメリットについて理解しておく必要があります。

出席すべき

このコースは、製品開発や知識作業環境の一部であり、かんばんが作業環境の改善にどのように役立つかを発見することに関心のあるプロフェッショナルのために設計されています。かんばんは組織の複数の機能にまたがって動作し、スタッフの上級メンバーは、作業慣行を改善するために喜んで配達チームのメンバーにリーン管理を採用しています。私たちのクラスへの以前の参加者は、次のような役割をされている:

- 上級管理職 (CxO)
- プログラムおよびプロジェクトマネージャ
- 製品管理者、製品所有者、ビジネスアナリスト
- スクラムチームメンバー
- スクラムマスター、チームリーダー、および変更エージェント
- 製品とソフトウェア開発者とテスター
- アジャイルコーチ & 実務 (スクラム、XP、DSDM、AgilePM など)
人事や金融の専門家のような他の役割を -

認定

この1日間のコースでは、かんばん方法 ® の基本を教え、敏捷性への代替パスへのエントリレベルと開始点として機能します。

このトレーニングが正常に完了すると、リーンかんばん大学 ® から修了証書が届きます。さらに、TKP バッジを伴ったチームかんばん実務者 ® (TKP) 資格証明書を獲得します。

プロジェクトマネジメント研究所 (PMI): 7 pdu (プロフェッショナル開発ユニット)。
7 時間
概要
このインストラクター主導のライブトレーニング(オンサイトまたはリモート)は、ストレスをコントロールし、落ち着き、明確で、機知に富むことを希望するストレスのある個人を対象としています。

このトレーニングの終わりまでに、参加者は次のことができるようになります。

- 2種類のストレス、つまり個人的な指標とストレス緩和を明確にすることができます。
- 日中のストレスの蓄積を最小限に抑えながら、落ち着き、明快さ、エネルギーを高めるための特定のルーチンを備えた計画を作成する
- 否定的な感情をシフトし、肯定的な感情を高める実証済みのテクニックを学ぶ
- 仕事、生活、ストレスを引き起こすことが多い人間関係に関する力を失った信念に対処するため

コースの形式

- インタラクティブな講義とディスカッション。
- たくさんの練習と練習。

コースのカスタマイズオプション

- このコースのカスタマイズされたトレーニングをリクエストするか、1対1のコーチングとして予約するには、お問い合わせください。
14 時間
概要
John Kotter wrote "Leading Change" which looked at what people did to transform their organisations. Kotter introduced an 8-step change model for helping managers deal with transformational change.

This instructor-led, live training in (online or onsite) is aimed for managers, business owners and strategists planning to implement Kotter's 8 model in their respective organization.
14 時間
概要
深い分析と大きな変化をサポートする代わりに、マッキンゼー7-Sモデルは、会社の一貫性を分析するのに最適です。自分の行為を変更する必要があることを知っているが、何をすべきかわからない場合、これはあなたのための変更管理モデルです。

このインストラクター主導のライブトレーニング(オンサイトまたはリモート)は、それぞれの組織にMcKinsey 7sモデルの実装を計画しているマネージャー、ビジネスオーナー、および戦略家を対象としています。\

コースの形式

- インタラクティブな講義とディスカッション。
- たくさんの練習と練習。

コースのカスタマイズオプション

- このコースのカスタマイズされたトレーニングをリクエストするには、お問い合わせください。
14 時間
概要
このインストラクター主導のライブトレーニングワークショップ(オンサイトまたはリモート)は、利用可能な変更管理モデルの長所と短所、およびケーススタディを紹介し、参加者にドメイン固有の最適なモデルを選択するための知識とスキルを身に付けることを目的としています自体。

コースの形式

以下の組み合わせ:

- 簡単な議論
- スライドプレゼンテーション
- 演習とケーススタディ

このコースの最後に、参加者は次のことができるようになります。

- 組織の変化の計画を支える基本的な変化戦略を説明する
- ビジネスの各部に適した変更計画を作成します。

コースのカスタマイズオプション

- このコースのカスタマイズされたトレーニングをリクエストするには、お問い合わせください。
14 時間
概要
観客

AML / CTFに関する実用的な知識とその防止、およびその他の関連する現在のFinancial Crime問題に関する認識を必要とするすべての上級Management 。

コースの形式

の組み合わせ:

- 促進された議論
- スライドプレゼンテーション
- ケーススタディ
- 例

コースの目的

このコースの終わりまでに、参加者は以下のことができるようになります。

- AMLとCTFがどのように予防されるのかを説明する
- AMLおよびCTFが自社の企業に適用される際の主要な側面、およびそれらに対抗するために行われている国内および国際的な取り組みについて理解する
- 会社とそのスタッフが、マネーロンダリングとテロ資金調達のリスクから身を守るための方法を定義します。
- 企業がどのようにしてマネーロンダリングおよびテロ資金供与の対象になる可能性があるかを詳しく説明し、(疑わしいまたは実際の)犯罪行為を特定、防止、および報告するのに役立つ「レッドフラッグ」を説明する
- Financial Crime他の「ホットスポット」のいくつかを理解する
7 時間
概要
Compliance and MLRO Refresher Programは、今日の高度に規制された環境において極めて重要なリスク管理の問題とトピックを検証します。コンプライアンスオフィサー、MLRO、MLCO、およびその他のリスク管理専門家をターゲットにしているだけでなく、組織内のリスク管理機能から何を期待するかについてもっと知りたがっている上級管理職および役員を対象としています。プログラムは、英国からの主題の専門家によって講義されています。

このプログラムの主な学習目的は、参加者が自分の組織の既存のリスク管理統制と慣行の妥当性を客観的に評価し、適切な機能強化を行うための十分な知識を身に付けることです。
7 時間
概要
観客

組織のCorporate Go vernanceに関する実用的な知識が必要なすべてのスタッフ

コースの形式

非常にインタラクティブな組み合わせ:

- 促進された議論
- スライドプレゼンテーション
- 例
- 演習
- ケーススタディ
35 時間
概要
Overview

Across the globe regulators are increasingly linking the amount of risk taken by a bank to the amount of capital it is required to hold and banks and financial services are increasingly being managed on risk-based management practices. The banks, their products, the regulations and the global market are becoming increasingly complex, driving ever greater challenges in effective risk management. A key lesson of the banking crisis of the last five years is that risks are highly integrated and to manage them efficiently banks have to understand these interactions.

Key features include:

- the explanation of the current risk-based regulations
- detailed review of the major risks faced by banks
- industry best practices for adopting an enterprise approach to integrating risk management across an entire organisation
- using governance techniques to build a group wide culture to ensure everyone takes an active role in managing risks in line with the banks strategic objectives
- what challenges could be faced by risk managers in the future.

The course will make extensive use of case studies designed to explore, examine and reinforce the concepts and ideas covered over the five days. Historical events at banks will be used throughout the course to highlight how they have failed to manage their risks and actions that could have been taken to prevent loss.

Objectives

The objective of this course is to help bank management deliver an appropriate integrated strategy for managing the complex and changing risks and regulations in today’s international banking environment. Specifically this course aims to give senior level management an understanding of:

- major risk within the financial industry and the major international risk regulations
- how to manage a bank’s assets and liabilities whilst maximising return
- the interaction between risk types and how banks use an integrated approach for their management
- corporate governance and the best practice approaches to managing the diverse interests of the stakeholders
- how to develop a culture of risk governance as a tool for minimising unnecessary risk taking

Who should attend this seminar

This course is intended those who are new to integrated risk management, senior management responsible strategic risk management, or those who wish to further their understanding of enterprise risk management. It will be of use to:

- Board level bank management
- Senior managers
- Senior risk managers and analysts
- Senior directors and risk managers responsible for strategic risk management
- Internal auditors
- Regulatory and compliance personnel
- Treasury professionals
- Asset and liability managers and analysts
- Regulators and supervisory professionals
- Suppliers and consultants to banks and the risk management industry
- Corporate governance and risk governance managers.
21 時間
概要
Course goal:

To ensure that an individual has the core understanding of GRC processes and capabilities, and the skills to integrate governance, performance management, risk management, internal control, and compliance activities.

Overview:

- GRC Basic terms and definitions
- Principles of GRC
- Core components, practices and activities
- Relationship of GRC to other disciplines
7 時間
概要
This instructor-led, live training in 日本 (online or onsite) is aimed at business managers, IT managers, and risk and compliance managers who wish to implement the COBIT framework to optimize IT governance and management.

By the end of this training, participants will be able to design, develop, implement, monitor, and enhance IT governance and management using COBIT principles and methods.
7 時間
概要
観客

質の高いコーチングセッションを提供するために十分な準備が必要なスタッフ

- 自分のスタッフの個々のメンバーに
- 彼らのチームに
- 自分のチームに直接つながっていないが、自分の独立した、そして非判断的なインプットを重んじる個人へ

コースの形式

の組み合わせ:

- 促進された議論
- コーチングセッションの委任 - 完全なフィードバック付き

コース終了までに、参加者は以下のことができるようになります。

- 「コーチング」を定義し、個人およびチームのパフォーマンスを向上させるためのコーチングの使用、特にアンダーパフォーマンスの背後にある理由の理解(および修正)に関するコーチングの使用について詳しく説明する
- 意味のあるコーチングセッションを実施する
14 時間
概要
Audience

Staff who need to be fully aware of the issues surrounding Communicating and Influencing:

- Their colleagues
- Their bosses
- Their internal and external customers and stakeholders

Format of the course

The course will be a highly-interactive combination of:

- Facilitated Discussions
- Slide Presentations
- Exercises and
- Case Studies

By the end of the course, delegates will be able to:

- Appreciate the need to manage their own behaviour before they can influence others’ behaviour
- Understand the strengths and weaknesses of the various communications media available
- Manage their internal and external customers and stakeholders
14 時間
概要
観客

Conflictを取り巻く問題とそれにどう対処するかについて十分に認識する必要があるスタッフ。

- 彼らの同僚
- 彼らの上司
- 社内外の顧客およびステークホルダー

コースの形式

コースは非常にインタラクティブな組み合わせになります。

- 促進された議論
- スライドプレゼンテーション
- 演習と
- ケーススタディ

コース終了までに、参加者は以下のことができるようになります。

- 紛争とそれが私たちや他の人々に与える影響を理解する
- 積極的および非積極的な行動を定義する
- 他人を管理する前に自己管理の必要性を高く評価する
- 紛争に積極的に参加する能力を開発する
- デモンストレーションと実用的なシミュレーションを通して自信をつける
21 時間
概要
観客

以下の人事およびチームManagementを取り巻く問題を十分に認識する必要があるスタッフ。

- 彼ら自身
- 彼らの同僚(仲間)
- 彼らの上司
- 彼らのチームメンバー
- 社内外の顧客およびステークホルダー

コースの形式

コースは非常にインタラクティブな組み合わせになります。

- 促進された議論
- スライドプレゼンテーション
- 演習と
- ケーススタディ

コース終了までに、参加者は以下のことができるようになります。

- 他人の行動に影響を与える前に自分の行動を管理する必要性を高く評価する
- 利用可能なさまざまな通信媒体の長所と短所を理解する
- チームメンバーの管理、やる気を引き出す方法を理解する
- 社内外の顧客およびステークホルダーを管理する
- オフィスで遭遇する可能性がある困難な状況に対処する方法を説明する
35 時間
概要
Communicationスキルはプロとしての成功に不可欠であると長い間認識されており、多くのキャリアはコミュニケーションスキルの欠如のために失速、衰え、または停滞してきました。都会の神話とは反対に、私たちの中にはこのスキルを持って生まれた人はほとんどいません。このコースは、受講者がコミュニケーションスキルを向上させ、その結果、他のユーザーと仕事をする能力を向上させることを目的としています。

メディエーションスキルは微妙ですが意味的に異なります。 Excel貸し出しのコミュニケーションは前提条件ですが、もっと重要なのは、聞いていることと言っていることをメモすることです。調停人の役割は、当事者が自分たちの問題の解決策を見つけ、両当事者が受け入れることができるという結果に到達するのを助けることです。調停人は、意見を述べたり、判断を下したり、助言を与えたりすることを避けます。彼らは単に効果的なコミュニケーションを発展させ、当事者間で合意を構築する責任があります。このコースでは、コミュニケーションに加えて、効果的なメディエータになるために必要とされる幅広いスキルもカバーします。
7 時間
概要
このコースでは、開始しようとしているか、ちょうど業界でプロのキャリアを始めている人々を目指しています。企業の職場の理解と感謝を構築するために設計され、期待と行動をポスト卒業生のキャリアを開始するときに直面するだろう。

コースに続いて、メンターは6ヶ月間、最大6つの会議 (電話、スカイプなどを介して) 1-2-1 ベースで行われるという期間に割り当てられます。これらの会議の目的は、各セッションの前にメンターと mentee の間で定義され、その時点で mentee にとって最も重要な問題に焦点を当てます。
7 時間
概要
A highly participative course involving individual and group discussions and skills practice to enable delegates to share ideas and develop their skill levels.

Audience

Anyone who is looking to enhance their assertiveness skills

Aim

This course aims to raise confidence and increase the delegate’s ability to communicate confidently and assertively with colleagues and customers.

Objectives

By the end of the programme the participants will:

- Understand and overcome the barriers to being assertive
- Recognise behaviour traits within yourself and others and learn effective strategies for managing them
- Communicate effectively with a wide range of people to achieve a win-win situation wherever possible
- Effectively manage difficult situations.
7 時間
概要
The aim of this one day course is to provide delegates with mentoring and coaching skills for the workplace. By the end of the course, delegates will be able to:

- State the difference between mentoring and coaching
- Discuss relevant learning theories
- Describe different learning styles
- Explain the feedback model
- Outline basic coaching principles
- State the component parts of the GROW coaching model
21 時間
概要
観客

- 以下の事項に影響を与えたり衝突を回避したりすることに関する問題を十分に認識している必要があるスタッフ。

- 彼らの同僚
- 彼らの上司
- 社内外の顧客およびステークホルダー

コースの目的

コース終了までに、参加者は以下のことができるようになります。

- 他人の行動に影響を与える前に自分の行動を管理する必要性を高く評価する
- 利用可能なさまざまな通信媒体の長所と短所を理解する
- 社内外の顧客およびステークホルダーを管理する

フォーマット

コースは非常にインタラクティブな組み合わせになります。

- 促進された議論
- スライドプレゼンテーション
- 演習と
- ケーススタディ
14 時間
概要
このコースは、データサイエンティストスキルセット(ドメイン:アドバイザリとLeadership )の一部です。
週末管理コース, 夜の管理トレーニング, 管理ブートキャンプ, 管理 インストラクターよる, 週末管理トレーニング, 夜の管理コース, 管理指導, 管理インストラクター, 管理レーナー, 管理レーナーコース, 管理クラス, 管理オンサイト, 管理プライベートコース, 管理1対1のトレーニング週末Managementコース, 夜のManagementトレーニング, Managementブートキャンプ, Management インストラクターよる, 週末Managementトレーニング, 夜のManagementコース, Management指導, Managementインストラクター, Managementレーナー, Managementレーナーコース, Managementクラス, Managementオンサイト, Managementプライベートコース, Management1対1のトレーニング

コースプロモーション

コースディスカウントニュースレター

We respect the privacy of your email address. We will not pass on or sell your address to others.
You can always change your preferences or unsubscribe completely.

一部のお客様

is growing fast!

We are looking to expand our presence in Japan!

As a Country Manager you will:

  • manage business operations in Japan
  • develop a business development strategy
  • expand the team, promote the brand and widen our market share
  • take charge of Japan operations as country manager within the first year

Benefits:

  • work in an international team environment
  • exposure to modern and leading-edge technology
  • potential to develop the role as the business grows
  • chance to work in a flat, bureaucracy-free organizational hierarchy

If you are interested in running a high-tech, high-quality training and consulting business.

Apply now!

This site in other countries/regions